睡眠/快眠アイテム・グッズ・目覚まし時計

3種類のアロマテラピーで快眠生活!

ストレスが溜まると寝つきが悪くなり、眠りも浅くなります。さらには朝、なかなか起きられないことに……。そんな時にはぜひ、アロマで脳をリセットしましょう!(photo:The International Medical-Spa Institute)

この記事の担当ガイド

日本を睡眠先進国にするため、正しい快眠習慣の普及に努める専門医

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花と女性
アロマテラピーは、医療機関でも取り入れられ始めています
私たちは職場で、そして家庭でも、ストレスにさらされながら生活しています。ストレスが溜まってくるとなかなか寝つけなかったり、眠れても熟睡感が少なくなります。夜に十分眠れないと、朝もスッキリ起きられず、さらに睡眠の質が悪くなります。

ここでは、ストレスを減らしたり不眠を改善する効果があるアロマテラピーについてご紹介します。

【目次】
・ 不眠の悩み別! アロマの選び方 →P.1
・ 快眠を作る3種類のアロマ・レシピ →P.2
・ 精油を使うときの注意点 →P.3


不眠の悩み別! アロマの選び方

職場でのストレス
アロマで、ストレスを解消しませんか?
効果的にアロマを使うためには、症状に合った精油を選ぶ必要があります。あなたの悩みは、次のうちのどれですか?

■「ストレス・イライラで眠れない……」
仕事でのストレスや人間関係でのトラブルでイライラするときには、アロマ・バスやアロマ・マッサージで心のデトックスをしましょう。そんな時には、リラックス効果の高い精油がおススメです。

■「何だか眠りが浅くって……」
高ぶった気持ちを静めたり、心を幸福感で満たしてくれる香りをかいで、ぐっすりと眠りましょう。芳香浴のほかに、ぬるめのアロマ・バスに入ったり、みぞおちの周りをアロマ・マッサージするとさらに効果的です。そのときには、鎮静効果がある精油を使うと良いでしょう。

■「朝が辛くて、1日がブルー……」
ストレスが溜まってくると、朝、起きるのが辛くなります。目覚めがスッキリしないと更にストレスにが高まって、悪循環に陥ってしまいます。刺激系のアロマで頭をスッキリさせて、今日も一日、頑張りましょう!


次のページでは、具体的なおススメのアロマをご紹介します。

——— ZZZ ——— ZZZ ——— ZZZ ——— ZZZ ——— ZZZ ———

■ 睡眠に関するさらに詳しい情報は、睡眠・快眠ガイドサイトのトップページ でご覧ください。

更新日:2007年02月17日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する