経理で働く・転職する/経理・財務の仕事

「資本金」ってそもそも何?会社の価値を判断できる?

会社の価値を判断するとき、注目すべきポイントのひとつとして挙げられることの多い「資本金」。「資本金が多いから、どうやらこの会社は安心だな」なんて声も良く聞きますが、それって本当なのでしょうか? そもそも資本金ってなんだっけ、というところから考えてみましょう。

執筆者:森 康博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資本金が多いからこの会社は安心」って、ホント?

打ち合わせ
新しい取引先が増えるのはうれしいこと。だけど、取引するかどうかの判断は難しいですよね。
あなたの会社が新たに取引をしようとする場合、相手会社の様々な情報を吟味した上で取引の是非を検討することになると思います。

「会社の歴史」 「株主構成」 「最近の業績」 「取引金融機関」 「社員数」など様々な情報がありますが、中でもよく参照されるのが「資本金」ではないでしょうか。

ガイド自身も仕事の中で「資本金の額が多い会社ほど、大きな会社だから安心だ!」という意見を聞いてきましたし、実際に税務の世界でも資本金の多寡によって取り扱いの異なる決まりがあるのも確かです。

でもちょっと待って。そもそも「資本金」って、何なのでしょう? 資本金の大きい会社でもどんどん倒産したり、「1円会社」が設立可能となった現在、「資本金」がどれだけの判断材料になるのでしょうか。 本当に「資本金が多い会社は、良い会社」と言い切ってしまって良いのでしょうか。

「資本金」ってなに?

資本金
資本金は株主から会社に託された大切なお金。これを取締役などの役員が実際に会社を運営し、増やしていくのです。
まずは簡単に「資本金とはなんぞや」を解説しておきましょう。

「資本金」がまず登場するのは、会社の設立時。株主さん達から会社に対して「活動のために使ってください!そして、儲かったら配当を下さいね!」ということで出してもらう資金が、この「資本金」。つまり、会社をスタートさせるためのお金と言えるでしょう。会社はこのお金を基にして運用し、利益をあげるべく頑張るわけです。

また、設立以降でも「工場を建てたいけど、お金がちょっと足りません!」といったときなど、株主さんを募り、株式と引換えにお金を出してもらうときがあります。これを「増資」といいます。

いずれの場合も、「会社の経営活動のために株主さん達からもらったお金」を会社は「資本金」という勘定科目で処理し、そのもらった金額が「資本金」という勘定科目の金額として決算書に記載される、と理解して大きな間違いは無いのではないかと思います。

※ 実際には、株主さん達からもらったお金の全てが「資本金」となるわけではない場合がありますが、ここでは話を簡単に進めるため、このような前提とします。



更新日:2006年08月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する