結婚式・披露宴マナー/祝電・お祝い電報

祝電の例文・文例(友人編)

結婚披露宴に送る祝電の例文・文例(友人編)をご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祝電には自分しか知らないエピソードを簡潔に!

祝電は、披露宴ぎりぎりはNG!余裕をもって打つこと

祝電は、披露宴ぎりぎりはNG!余裕をもって打つこと

結婚披露宴に送る祝電の例文・文例(友人編)をご紹介します。形に残るものなので、失礼のないように言葉遣いに間違いがないか、気を配ってくださいね。自分しか知らないエピソード、思い出話を簡潔に一文いれるとよいでしょう。

祝電のマナーやサービスが知りたい場合は、まず、「祝電・お祝い電報の基本」をチェックしてください。


祝電の例文・文例(友人編)

■○○さんへ
幼稚園の頃から変わらない、じゃじゃ馬さんの○○ちゃん、結婚おめでとう。あなたの手綱を握るのはどんなひとかしら? 今日からはおしとやかにしてよね。

■○○さんへ
噂のカップルが予想通りゴールイン! おめでとう。長い春でしたが、それだけに今日の感激はひとしおのことと思います。これからもお互いにいたわり合い、見つめ合って幸せな家庭を作ってね。

■○○くんへ
ご結婚おめでとう。おまえと過ごした学生時代が、1コマずつ鮮明に思い出すよ。
仕事の都合で出席できず、すてきな花嫁さんを拝見できなくて残念。今度新居におしかけるから覚悟しておけよ。

■山仲間である○○さんと○○くんへ
私も山登りのグループとして年に何度かご一緒してもらっています。人生は登山と同じ。山あり谷ありと、これからもふたり手を取りあって、幸せな人生を
歩んでください。

■○○くんへ
ご結婚おめでとう。理想の女性が現れるまではと、待ちに待ったかいがあったよな。うらやましい限りで、照れている顔が想像できるよ。陰ながら応援しているからな、幸せをつかめよ。

■○○さんへ
赤い糸で結ばれたお二人にカンパイ! イントロの長かった二人だったけれど
これからはアンサンブルを楽しみながら頑張ってください。お幸せに!

更新日:2009年07月14日

(公開日:2009年05月20日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する