結婚式・披露宴マナー/結婚式・披露宴マナー関連情報

贈ってはいけない!? うっかり贈り物タブー

贈り物にもタブーがあるのを知っていますか?贈っていけないものをシチュエーション別にまとめてみました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
贈り物タブー
贈り物は相手が喜んでもらうのが目的。タブーでも相手が希望すれば気にしない。
昔から日本では、現金や品物を贈る習慣がありました。「贈答」とは「贈り」そして「答える」ものです。言いかえれば人と人との大切なコミュニケーションがそこで成り立ちます。贈答によって人と人との交流をさらに広げ、人間関係をスムーズに運べることができたら、これ以上の幸せはありません。

しかし贈り物にもタブーがあるのを知っていますか?昔から縁起が悪いとされるもの、だいたい単に語呂合わせがよくないだけで、何の根拠もありません。しかし贈られる側が不快に思わないように配慮することも大切。まずどんなタブーがあるのかをきちんと押さえて、人とのお付き合いに困ることがないように正しいマナーを身につけることも必要です。

今回は、贈っていけないものをシチュエーション別にまとめてみましたので、ご参考までに!

一般的なお祝い事

■日本茶
弔事に使われることが多い日本茶は、お祝いの贈り物には不適切とされています。しかし、おしゃれな茶筒に入ったものなど弔事をイメージしなければ、お茶好きな方へは喜ばれるかもしれません。相手をよく知った上で、贈られることです。

実はお茶自体はおめでたい要素もあるのです。地域によっては、水引で飾られたお茶が結納品のひとつとされています。植え替えが難しいお茶の木が、嫁いだ家にしっかりと根付くように。地域によっては、考え方が違ってきます。あえてお茶を避けなくてもよいかと思います。

■櫛(くし)
「苦」や「死」を連想させられる「櫛」も縁起が悪い贈り物とされています。櫛は歯が欠けることもあるので、避けるのが無難ですね。

■ハンカチ
ハンカチを漢字で表すと「手巾(てぎれ)」。手切れから縁を切ることにつながり、「もう会いたくない」という意味になるので、贈り物としてはタブー。しかしこれは、あくまでも語呂合わせ。固定観念にとらわれずに贈ってみてもよいと思います。しかし弔事で白い布を遺体の顔にかけることから白い平織りのハンカチは避けること。

関連リンク
・贈答マナー基本ルールのポイント


結婚祝い

ガイド記事「結婚お祝い品」で説明したようにNGワードとされる「切れる」「割れる」ですが、贈る相手が普段より親しい間柄で、希望するのであれば問題ありません。反対に刃物類など未来を切り拓(ひら)く、また陶磁器など割れるものも「増える」と考えるとよいでしょうね。ただし贈る相手によっては縁起をかつぐ人もいることを忘れないで、事前に確認しておくことも大切です。

関連リンク
・何がNG?何がおススメ?「結婚お祝い品」


新築・開店・開業のお祝い

■ストーブ・ライター・コンロなど火に関連するもの
ずばり火は火事を連想する物です。せっかくの新築の家を灰にしてしまうかもしれない火に関する品物は希望が無い限り贈らないのが基本。また、お花を贈る場合、火を連想する赤一色にすることを気にされる方がいることを覚えておくとよいでしょう。

関連リンク
・新しい門出を祝う 開店、開業のお祝い
・火に関する品物はタブー 新築祝いを贈る


次のページは、お見舞いや目上の人への場合です。まだまだ続きます。>>>次ページへ

更新日:2006年05月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する