パン/パン屋さん取材レポート

日本風にアレンジすることのないパン メゾンカイザー

古き良き時代の製法を最新の機械技術で実現させ、フランスの味をそのまま上陸させたエリックカイザー氏のパンの紹介と、ブーランジェリーエリックカイザージャポン木村社長インタビュー。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メゾンカイザーのパン

どのパンもしっかりとしていて、あまり他で味わえないような風味。
それがこの店、メゾンカイザーの最初の印象でした。
フランス国立製パン研究所教授 エリック・カイザー氏が発明した 発酵の機械から生み出された酵母と美しいパン達。
それはアレンジされることなくフランスから上陸したのでした。


バゲットモンジュ

この店では、食事パンだけでもたくさんの種類があり、 料理とあわせてセレクトする楽しみがあります。
パンの名前の横に「白ワインに合う」とか「シチューに合う」等と添え書きされているので、 なるほどと見入ってしまったり、店員さんが丁寧にパンの説明をされているのを聞いてみたり。

それはとても美味しそうな話です。 たとえばオレンジピールとビターなチョコチップの入ったヴィエノワーズショコラオランジェ。 これはコーヒーに合い、 杏が練り込んであるので杏色のパンアプリコットはスモークドサーモン、白ワイン、 シャンパンなどと合うというように。

人気のパンはパリ郊外の農家から特注で取り寄せた小麦を使用し 粉の味わいが深いバゲットモンジュ。 パリのフィガロ紙でナンバーワンに選ばれた、香ばしくサクッと軽いクロワッサン。
ヴィエノワーズショコラやクロワッサンは小さいサイズがあるので いろいろ食べてみることができて嬉しい。これだけは日本ならではのものだそうです。

ガラスケースの中とその上にも非常に魅力的な商品が並びます。
サーモンとブロッコリやシャンピニオンのキッシュ、フランボワーズなどフルーツのタルトやフラン、 ロースハムとカマンベールサンド、田舎パンサンド、クロックムッシュ。

特別期間限定のパンが時々販売されます。わたしが最初に訪れた日はボジョレーヌーボーのパン というのがありました。この4月の期間限定のパンはPain aux Algue(海草のパン)だそう。

更新日:2002年03月19日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    16

    この記事を共有する