スノーボード/スノーボード関連情報

セッティングの基礎知識 バインディングの取付け方

ボードとバインディングを自分で取り付けたことがありますか?実はスノーボードの上達には、正しい取付けとセッティングが不可欠です。セッティングの基礎知識から実際の取付け手順までを説明します!

執筆者:日色 裕二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
画像の代替テキスト
ボードとバインディングの取付け方を覚えて、自分にあったセッティングを見つけましょう!
ボードとバインディングを自分で取り付けて、セッティングをしたことがありますか?まだマイボードを持っていない人は、「セッティングって何?」って思っている人もいるでしょう。またマイボードを持っている人でも、ボード購入時にショップで取付けてもらったままという人も結構多いのではないでしょうか?

「取付け」とは文字通り、ボードとバインディングをビス(ネジ)を使って取付ける作業のことであり、「セッティング」とは、取付けの際に自分の体格や好み、レベルにあったポジションに調節することを言います。実はスノーボードの上達には、正しいセッティングが不可欠です。

スノーボードは「バランス」のスポーツなので、まずボードの真ん中に乗ることは基本中の基本になります。そしてそのボードに乗る位置を決めるのが、体とボードをつなぐバインディングになり、その取付け位置や自分のレベルにあったセッティングが上達への近道になるのです。

頭を悩ますような難しいことでもないので、一度自分のセッティングを見直してみましょう。もし今までおかしなセッティングをしていたとすると、正しく直すだけで断然スノーボードが簡単になりますよ!

取付けの際のポイントは、
  • アングル(バインディングの角度)
  • スタンス幅
  • センタリング
の3つです。それぞれが滑る時にどんな役割を果たすのかをまず説明して、その後に実際の取付け手順にそって実践してみましょう!

アングル

画像の代替テキスト
はじめは両足とも前向きにセッティングしてみよう!
アングルとは、前後のバインディングの「取付け角度」のことです。

バインディングは、ベースプレート中央にある円形のディスクによって、取り付け角度を自由に調節できるようになっているので、自分が滑り易いように設定することができます。

ただ、スノーボードは「横を向いて前に進む」という日常ではあり得ない姿勢で滑るため、慣れるまで少し時間がかかりますので、はじめから真横に向いてボードに乗るよりは、少しでも前を向いてボードに乗った方が滑るのが楽だし、慣れるのも早いと思います。

ですので、最初は前後共に進行方向に開いて取り付ける(前に振る)のが基本になります。実際の角度(真横を0度として3度刻みで角度を調節できる。進行方向がプラス、反進行方向がマイナス)で言うと
  • 前24度、後9度
  • 前21度、後6度
ぐらいがいいでしょう。

画像の代替テキスト
後ろ足がテール方向に開いているのがわかりますね。これが「ダックスタンス」になります。
そして「横ノリ」に慣れてある程度滑れるようになったら、逆向きで滑ったり(フェイキーと言います)、スノーボードならではのいろんなトリックに対応できるように、少しずつ横向きにしてみましょう。例えば
  • 前18度、後0度
  • 前18度、後-3度
などです。ちなみに後ろ足の角度がマイナスになる(進行方向と逆側に向く)「がに股スタンス」のことを「ダックスタンス」と言います。ゲレンデにある「スノーボードパーク」でジャンプやレールで楽しんでいるフリースタイラーは、このダックスタンスにしている人が多いです。

ここに書いたのはあくまで目安で、「絶対にこうじゃなければいけない」という訳ではありません。色々な角度を試して、自分にあった滑り易い角度をみつけてみましょう。

スタンス幅

画像の代替テキスト
実際にボードの上に乗ってみると、スタンス幅もイメージしやすくなります!
スタンス幅は、前後のバインディングの中心から中心までの距離のことです。つまりボードの上に足を置く時の「幅」のことですね。

足の開き具合(幅)は体のバランスに大きく影響します。実際にその場でやってみるとわかると思いますが、足幅が広いと、安定感はありますが、膝を曲げるスノーボードの基本姿勢を長く維持するためには足の筋力が必要になり、疲れやすくなります。また逆に狭ければ、膝の曲げ伸ばしは楽になる一方で安定性は落ちるでしょう。

よって、最初は楽に立って、「肩幅」くらいを目安にスタンスを決めましょう。

スタンス幅もアングル同様に決まりはありません。色々試してみて、自分の滑りやすいスタンスをみつけましょう。

センタリング

画像の代替テキスト
ボードを横から覗き込んでみると、つま先とカカトのはみ出し具合がわかります。
センタリングとは、実際ブーツを履いて板に乗った際に、ちょうど板の真ん中に乗れるように(重心がくるように)バインディングの取付け位置を前後に調節することです。

カカト側やつま先側に偏ってバインディングを付けてしまうと、ボードに乗った瞬間にどちらかのエッジに偏って乗ることになり、極端な場合、真っ直ぐ滑れません。これではうまく滑れないし、上達しないのが当たり前ですよね。

画像の代替テキスト
縦に3つ並んでいるネジ穴4箇所を使います。
バインディングのディスクプレート(丸い円盤状のディスク)にあるビス穴は、この調節が行えるよう縦長になっているので作業は簡単です。

ボードにバインディングを取り付けたら、ブーツをはめてボードからはみ出す「つま先」と「かかと」の量が均等になるように調節しましょう。

>>次ページはいよいよ取り付け開始!>>

更新日:2005年10月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する