スノーボード/スノーボード関連情報

デッキパッドを貼ろう!

今回はバインディングの前足と後ろ足の間に付ける「デッキパッド」について説明します。「デッキパッドって何?」「ホントに必要なの?」「いろんな形があるけどどれがいいの?」という人は参考にして下さいね。

執筆者:日色 裕二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デッキパッドにはいろんな形、大きさがあります。値段は1500円~2000円程度
だんだんと寒くなり、本格的に冬が近づいてきていますね。前回説明した「バイディングの調節」は上手く出来ましたでしょうか?スノーボードは足下の安定感がとても大切ですので、マイボードを手に入れたら、「ボードとバインディングのセッティング」と合わせて必ず「バイディングの調節」をしましょう。

それでは今回の記事ですが、これまたレッズのお客さんから質問の多い「デッキパッド」について説明します。「デッキパッドって何?」「それって必要なの?」「いろんな形があるけどどれがいいの?」という人は参考にして下さいね。

ではさっそく始めましょう。


デッキパッドって何?

ボードに前足だけを装着して滑る、又は後ろ足で蹴って進むのがスケーティング
「デッキパット」とは、スケーティングの際に、後ろ足をボードに乗せる位置に貼る「滑り止め」のことです。ボードのトップシートはツルツルしているので、滑り止めがないと、スケーティングで後ろ足をボードに乗せた時に滑ってバランスを崩しやすいんですね。
デッキパッドは後ろ足をボードに置く位置に合わせて貼る
スケーティングは、リフトを降りるときをはじめ、ゲレンデに出てスノーボードを履いたら必ず必要とするテクニックなので、デッキパッドは忘れずに付けておきましょう。

ちなみに上手くなってスケーティングが楽々こなせるようになると、デッキパッドは必要なくなります。なので、雑誌などで見るプロライダーのボードにデッキパッドは付いていませんが、スノーボードに慣れないビギナーには必須アイテムなので必ず用意しましょう。


デッキパッドを貼る位置

裏面がシールになっています
デッキパッドは裏面が粘着力のあるシールになっているので、誰でも簡単に貼ることができます。デッキパッドを貼る位置ですが、バインディングの前足と後ろ足の間で「若干後ろ足より」がいいでしょう。あまり後ろのバインディングに近づけ過ぎても、バインディングのアングルを変えるときなどに困るので、少し離しておきます。

真ん中よりもやや後ろ足よりに付けます
あと実際にボードに貼る際は、ステッカーチューンの時と同様に、まずはボードをキレイに拭いてから貼るようにしましょう。ホコリが付いている上から貼ると剥がれやすくなりますからね。
斜めに貼るとスベリ止めの範囲が広がり安心です



デッキパッドの形

サイズが大きいものはグリップ力も高く剥がれづらいです
ショップに行くと色々なデザイン、大きさのデッキパッドがあります。例えば写真上のようなサイズの大きなモノから、写真下のような小粒なモノなどです。小粒なモノはデッキパッドがあまり目立たない一方で、1粒1粒が小さいので剥がれやすく、気が付いたらなくなっているということもよくあります。逆に大きなモノは、剥がれづらくグリップ力も高い一方で、デッキパッドが目立ちます。

ボードに貼ってもあまり目立たない小さ目なモノもあります
はじめはグリップする範囲が広い方が、スケーティングの際にも安心ですが、これは好みで選んでオッケーです。あまり悩むことはないので、「これだ!」と思ったモノにしましょう。


アドバイス

デッキパッドは、ある程度滑れるようになるまではなくてはならない必需品です。ただ正直なところ、見た目的にあまりカッコイイものではありませんので、一刻も早くデッキパッドなしでも安定したスケーティングが出来るようにがんばりましょう。

それでは次回もお楽しみに!
画像の代替テキスト
赤いお店が目印。靖国通り沿い駿河台下交差点のすぐ近くです。
【取材協力】
Minami 神田REDS店
http://www.minami.co.jp/index.html

〒101-0052
千代田区神田小川町3-6-16
伸幸ビル1F(Yahoo!地図情報ではココ。JR「お茶の水駅」より徒歩10分。都営新宿線「小川町」より徒歩3分)
TEL : 03(3295)5871
FAX : 03(3295)5872
Mail : reds2@minami.co.jp


更新日:2006年10月18日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する