ゴルフ/最新ゴルフクラブ・用品レビュー

絶賛シャフトスタビライザーの真価を探る

巷で話題のゴルフアイテム、シャフトスタビライザー。スイングアナリストのマーク金井氏も絶賛するゴルフギアをガイドが実際に使用して紹介。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャフトスタビライザー登場

話題のゴルフアイテム、シャフトスタビライザー。口コミだけで早くも人気が過熱している
今、コアなゴルフファンの間で話題になっているゴルフアイテムが、シャフトスタビライザー。棒状のウェイトをクラブのグリップエンドから挿入し使用する器具で、手元側に重量を増やすことで、方向性とミート率を向上させる機能を持っています。ウェイトは現在、25g+50gのセットと15g+25gのセットの2種類で、今後もバリエーションが増える予定。専用の付属器具を使って、簡単に取り付けできます。グリップ交換などの作業よりずっと容易。

これまで2000本を越えるクラブの試打を行い、“人間試打マシーン”の異名を持つスイングアナリストのマーク金井氏も、このシャフトスタビライザーを絶賛。試して良いものだったので、なんと日本での独占販売権を取得されたとか。自身のドライバーにも25gのウェイトを装着しています。

マークさんは、シャフトスタビライザーの装着前後のドライバーを振り比べると、「普通のキャラメル」と「生キャラメル」ほどの違いがあると、独特の表現でその効果の高さを語られています。ゴルフクラブに深い造詣を持つマーク金井さんが推奨するということで、その効果への期待値は増すばかりですが、一方25~50gというかなりの重量を装着することで実際に操作性がどのように変わるのか、気になるところでもあります。

そこで、今回は話題のシャフトスタビライザーを実際にガイドが試打。その効果のほどを紹介します。

>>チーピン、フックに効果あり! >>

更新日:2009年04月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する