ゴルフ/ゴルフクラブ・用品の選び方

用途とスタイルで使い分けるティー!

クラブやボールにはこだわっても意外に無頓着なティー。昨今、様々にバリエーションを増やしているティーペグを紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ティーペグとは?

ポピュラーな木製のティーペグ
毎年、おびただしい種類が発売されるゴルフ用品。そのなかでゴルフクラブやボールにこだわりを持つゴルファーは多いですが、ことティーに関しては割りと頓着しない人が多いのではないかと思います。

少ないかと思いますが、ティーを知らない人のために少し詳しく説明しましょう。

第一打を打つために整備された場所に設置されたティーマークを結んだ線から2クラブレングス(※クラブ2本分の長さ。通常は一番長いクラブであるドライバーを用いる)までの場所をティーグラウンド(※正式にはティーインググラウンド)と呼びます。第一打は、ティーショットと呼ばれ、ティーショットのためにボールをティーグラウンドにセットするための道具がティー。正式にはティーペグといいます。

以前は、木製のものとプラスティック製のもの、形状も似たり寄ったりで長さに2~3種類のバリエーションがある程度でしたが、最近では様々なアイディアを凝らしたティーが多数登場し、カラーのバリエーションも増えたため、以前とは比べ物にならないほど選択の幅が広がりました。

道具にこだわるのは、ゴルフの面白さの一つ。今回はこうした特徴的なティーを紹介します。

>>次は、リフトティーとエアロスパークティー>>

更新日:2007年07月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する