ビーズ/ビーズの知識とテクニック

ビーズ基礎知識:ビーズアクセサリーの種類

「そもそもビーズアクセサリーって、どうやって作られているの?」という初心者さんへ。ビーズアクセサリーの主な種類と、それぞれに必要な材料・テクニックをご案内します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作りたいアクセサリーはどのタイプ?

パールビーズネックレス
テグスで編んだパールのネックレス。上品でフォーマルな印象。
パールビーズネックレス
ピンでつないだパールのネックレス。軽やかでカジュアルな雰囲気。
一口にビーズアクセサリーと言っても、その種類は様々。同じパールのネックレスでも、小さめのビーズが隙間なく並んだものと、大粒のビーズがラフにつながったものとでは、ずいぶんと印象が異なりますよね。これらは材料はもちろん、作るときに必要な道具や技法も異なります。

ビーズアクセサリーを作るには、主に以下の方法があります。それぞれ使う道具や副材料が異なるので、同じビーズを使っても、仕上がりのイメージは大きく違います。

  • テグスで編む
  • パーツでつなぐ
  • 糸で編む・織る
  • 副素材で形づくる

あなたが「ステキだな」と思うアクセサリーは、どんな材料で出来ていて、どんな道具やテクニックを使えば作れるのでしょうか?さっそく見てみましょう!
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集


初心者にもおすすめ!テグスで編むビーズアクセサリー

テグス編みブレスレット
テグスで編むと、透明感とボリューム感のある仕上がり。
テグスとビーズ
よく使われるテグスの太さは2号。号数が大きいほど太くなります。透明のほかにカラーテグスもあります。
テグスという透明な糸(材質は主にナイロン)にビーズを通したり、ビーズの穴の中でテグスを交差させることで形を作る方法です。

テグスは細くて透明なので、ビーズそのものの色や形を最大限に活かした作品作りができます。またテグスは丈夫で、同じビーズの穴に何度も通すことができるので、立体的な作品を作るのも得意。ボリュームのあるアクセサリーや、動物などのモチーフによく用いられます。日本ではとても人気のあるテクニックで、たくさんのレシピ(編み図)が考え出されています。

基本的にテグスとビーズさえあれば作れるので、道具を持っていない初心者の方でも、気軽に始めることができます。

まるで売り物みたい!? パーツつなぎのビーズアクセサリー

パーツつなぎブレスレット
パーツを使えば、ゆらゆら揺れるような作品も作れます。
テグスとビーズ
パーツにはあくまでも接続用の目立たないものから、それ自体をビーズのように使える装飾的なものまで、たくさんの種類があります。
金属製のパーツを使い、ビーズやさらに別のパーツをつなぎ合わせる方法です。パーツを開閉したり、曲げるために、ペンチやヤットコなどの道具が必要になります。パーツを使うぶん、ビーズの間隔があくので、ラフな雰囲気やリズミカルなイメージを表現したい時には最適。パーツの色も、シャープなシルバーからアンティークな古美金まで豊富にあります。

また、いったんつなげたパーツでも個別に取り外しができるので、テグスで編む方法に比べて、やり直しがしやすいという特徴もあります。さらに、大きなビーズやパーツ同士を組み合わせれば、少ない工程(=短時間)で作品を作ることも可能。量産が効くので、販売されているビーズアクセサリーには、この技法を用いた商品が多く見られます。

次のページではさらに個性的な表現ができる技法をご紹介!

更新日:2006年05月30日

(公開日:2006年03月10日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する