パソコン・PC/パソコン基礎知識

パソコンのDドライブを活用しよう

パソコンで大きな容量を確保していることが多いのに、使い方がわからず放置されている領域、それがDドライブです。今回はDドライブの活用するためのちょっとしたテクニックを紹介していきます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dドライブを使わなきゃ、MOTTAINAI!

パソコンのハードディスクが足りないと聞いて調べてみると、Dドライブを全く使っていないことがあります。パソコンのハードディスク領域は年々増加し、今やネットブックでも160GBという大容量のハードディスクを備えるものが発売されるようになりましたが、Dドライブがまるまる残っているケースは少なくないようです。

このようにDドライブを活用できているパソコンが少ない

私はこのように活用しているが、Dドライブを活用できているパソコンは少ない


大容量のハードディスクを備えたパソコンでは、このように領域を分け、WindowsのOS部分などシステムが入っているCドライブと、データなどを保存するDドライブとに分けている場合があります。しかしこのDドライブの使い方がわからず、ひたすらCドライブばかり使 っている方も多いのではないでしょうか。

しかしシステム領域のあるCドライブにデータを置くのは、検索やディスククリーンアップ、デフラグなどに時間がかかるなどデメリットもあります。

そこで今回はこのDドライブの活用方法と、便利に使うための設定方法を紹介します。あなたのパソコンのDドライブをより有効に活用していきましょう。


ドキュメント(マイドキュメント)を移動する

Windows Vistaではスタートメニュー内にドキュメントやピクチャ、ミュージックなどがありそれぞれにデータが保存されるようになっていますがこれらは全てCドライブに保存されるため、Dドライブが活用できません。そこでこれをDドライブに移動する方法を紹介します。

まず、スタートメニュー内にあるドキュメントを右クリックしてプロパティを開きます。
プロパティを開く

プロパティを開く


次に場所タブの中にある保存位置を、Dドライブに変更します。これでDドライブにドキュメントが保存されるようになります。
保存場所をこのように変更する

保存場所をこのように変更する


同様にピクチャやミュージックも移動できるので、試してみてください。

Windows XPの場合には、Windows Vistaのドキュメントやピクチャが入っているユーザーフォルダにあたるマイドキュメントごと移動ができます。
先ほどと同じようにプロパティを開き、「ターゲット」タブのリンク先にあるフォルダ名を変更します。デフォルトでは

C:¥Documents and Settings¥(ユーザー名)¥My Documents

となっていますが、これを

D:¥My Documents

と変更することで、DドライブにMy Documentsというフォルダが作成され、マイドキュメントの中身が自動的に引っ越されます。
Windows XPではマイドキュメントの設定を変更する

Windows XPではこのようにマイドキュメントの設定を変更する



更新日:2009年11月01日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する