パソコン・PC/パソコン基礎知識

HDMI、DVI、USBってなに?パソコンの端子のまとめ

パソコンには様々な端子がありますが、それらをカタログで見てもなかなか使い方がわかりません。しかしパソコンを活用する上で、使い方によっては必要となる端子とそうでない端子とがあります。そこで今回は端子について詳しく紹介をします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンの端子って、多いよね?

デスクトップパソコンの背面やノートパソコンの側面には、大小の様々な端子が並んでいます。実にたくさんの種類の端子がありますが、どんな端子があり、それぞれがどんなものなのか、理解するのは難しいのではないでしょうか。

デスクトップパソコンの背面に並ぶ端子

デスクトップパソコンの背面に並ぶ端子


そこで今回は端子について、用途別にそれぞれの特徴についてまとめました。それぞれの端子が付いているかいないかで、パソコンでできることも変わります。パソコンを選ぶ際の一つの基準として活用してくださいね。

モニタやテレビと繋ぐ画面出力系の端子

モニタ接続に使う画面出力用の端子は、2画面出力のためデスクトップだけでなくノートパソコンにもほぼ備わっています。最近のパソコンは映像だけでなく音も入出力できるHDMI端子と、映像のみのDisplayPortが主流になっています。

■HDMI端子
現在のパソコンで最も普及しているデジタル入出力用の端子です。地デジテレビなどに採用されている端子で、映像だけでなく音も合わせて入出力ができます。DVI端子の発展系であるためDVI端子への変換ケーブルも多く販売されています。現在は4Kに対応した、より高速な規格のHDMI2.0が策定されています。

HDMI端子

HDMI端子


■DisplayPort
こちらもデジタル入出力の端子ですが、HDMI端子と異なり映像しか扱えません。そのためテレビなどに繋いでマルチメディア機器として使うプライベート用パソコンでは採用事例が少なく、主にビジネス用パソコンなどで採用されています。

DisplayPort

DisplayPort


また、コネクタ形状の小さいMini DisplayPortという規格もあります。こちらはノートパソコンなど、コネクタを配置する面積に余裕のない製品で採用されています。

Mini DisplayPort

Mini DisplayPort



■DVI端子(デジタル端子)
画像をデジタルで出力できる端子です。変換用のケーブルを使うことでHDMI端子のモニタや地デジテレビにも接続することができるようになりますが。D-Sub端子への変換ケーブルもあり、またそれらが他の端子の変換ケーブルと比べて安価なため、今最もお勧めできる端子です。
DVI端子

DVI端子


■D-Sub端子(アナログ端子)
画像をアナログで出力する端子です。以前は殆どのモニタで採用されていた規格ですが、最近はHDMI端子にその座を譲っています。但しアナログ端子用のモニタやプロジェクタがまだまだ多いビジネスの現場では利用されることも多く、ビジネス用パソコンにはこの端子が付いているものが多いようです。

D-Sub端子(アナログ端子)

D-Sub端子(アナログ端子)


更新日:2015年03月26日

(公開日:2009年08月25日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する