パソコン・PC/パソコン基礎知識

HDMI、DVI、USBってなに?パソコンの端子のまとめ

パソコンには様々な端子がありますが、それらをカタログで見てもなかなか使い方がわかりません。しかしパソコンを活用する上で、使い方によっては必要となる端子とそうでない端子とがあります。そこで今回は端子について詳しく紹介をします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンの端子って、多いよね?

デスクトップパソコンの背面やノートパソコンの側面には、大小の様々な端子が並んでいます。実にたくさんの種類の端子がありますが、どんな端子があり、それぞれがどんなものなのか、理解するのは難しいのではないでしょうか。

そこで今回は端子について、用途別にそれぞれの特徴についてまとめました。それぞれの端子が付いているかいないかで、パソコンでできることも変わります。パソコンを選ぶ際の一つの基準として活用してくださいね。

モニタやテレビと繋ぐ画面出力系の端子

モニタ接続に使う画面出力用の端子は、デスクトップだけでなくノートパソコンにもほぼついています。地デジテレビへの接続を考えている方には、アナログ出力のD-Sub端子と、デジタル出力のDVI端子もしくはHDMI端子のどちらが付いているのかは重要なポイントになります。

■D-Sub端子(アナログ端子)
画像をアナログで出力する端子です。ほとんどのモニタで採用されている規格ですが、画質は以下のDVI端子やHDMI端子に劣るため動画鑑賞には適しません。
D-Sub端子

D-Sub端子

最近のパソコンモニタでは以下に挙げるDVI端子、もしくはHDMI端子とD-subの両方に対応しているものが多く、またデジタル端子専用品も現れていることから、モニタが以下のデジタル端子に対応していればそちらの端子を備えたパソコンをお勧めします。

■DVI端子(デジタル端子)
画像をデジタルで出力できる端子です。アナログ端子よりも鮮明な表示が可能となり、また、変換用のケーブルを使うことでHDMI端子のモニタや地デジテレビにも接続することができるようになります。D-Sub端子への変換ケーブルもあり、またそれらが他の端子の変換ケーブルと比べて安価なため、今最もお勧めできる端子です。
DVI端子

DVI端子


■HDMI端子
地デジテレビなどに採用されている端子で、デジタル出力ができます。パソコン用モニタでは採用されはじめたばかりですが、DVI端子の発展系であるためDVI端子への変換ケーブルも多く販売されています。端子が小さいため、サイズに制約があるノートパソコンでは今後、普及が進むことが予想されます。
HDMI端子

HDMI端子


更新日:2009年08月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する