パソコン・PC/パソコン基礎知識

効果てきめん!メモリ増設の効果

メモリ増設の効果とその方法を、初心者にもわかりやすく解説。メモリー増設(メモリ拡張)でPCを高速化させましょう!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも、メモリとは……

メモリは「机」
広い「机」の方が仕事がしやすい。メモリも同じだ
お店でPCを買うとき、何を基準にするでしょうか。初心者ユーザーはどうしても、CPUの速さ(クロック周波数)やHDDの容量だけを求めがちです。しかし、PCの実際の使いごなしにもっとも影響を与えるのは、実はメモリ容量なのです。

新聞記事などでは、PCのメモリのことを「主記憶装置」と表記します。その名の通り、メモリはデータを一時的に記憶する場所です。「PCを起動する」「アプリケーションをたちあげる」「書類を開く」といった作業のすべてに、一定のメモリ量が必要になります。

メモリの容量は、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)で表記されます。1024MB=1GBです。


メモリが足りないとどうなるのか

PCに搭載されているメモリ容量が不足すると、どのような弊害が起こるのでしょうか。

  • 速度低下……メモリ容量の不足がすぐわかる症状は、PCの動作が遅くなること。アプリケーションの起動や書類を開くのに、時間がかかるようになります。
     
  • アプリケーションや書類を開けない……メモリ容量が少ないと、複数のアプリケーションを起動しておいたり、ビデオ編集ソフトのような大量のメモリを消費するソフトを起動することができません。

    一般的なメーカー製PCは、ユーザーが作業をする前の起動直後の状態で、200MB近いメモリ量を使用します。さらにアプリケーションを起動すれば、これにプラスしたメモリ量が使われます。
     
  • 画面表示がおかしくなる……ウインドウを移動する際に外枠が白くなったり、ウインドウ内の一部がうまく表示されないなど、画面の表示がおかしくなります。

    これは、ほとんどのメーカー製PCが「内蔵グラフィックス」という機能を使っていることからくる現象です。内蔵グラフィックスでは、メモリの一部に画面表示を担当させるため、実際に使えるメモリ量は物理的に搭載されている量よりも、常に少なくなっています。つまり、メモリ容量が少ないと、PCの画面表示にも影響がでてくるわけです。
     
  • フリーズ……ひどいときには、PCがまったく反応しなくなってしまいまったり、画面全体が青色になります(ブルースクリーン)。これを、「PCがフリーズする(凍る)」と言います。

    不意のフリーズは、作業中のデータの喪失となるだけでなく、PC自体の重大な故障につながることもあります。


メモリが足りないと遅くなるのはなぜ?……>>NEXT


CONTENTS
Page1:メモリが足りないと…
Page2:これが「遅くなる」理由
Page3:購入前のチェック事項
Page4:メモリを買おう
Page5:メモリを増設する
Page6:メモリ増設で効果バッチリ

更新日:2012年02月22日

(公開日:2006年05月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する