ジャガイモは、春・秋の2回植えつけができる野菜です。春植えの場合と秋植えの場合では、植えつけ方法が若干異なりますが、栽培の基本は同じです。どちらも、植えてから3カ月程度で収穫でき、手入れもそれほど必要ありません。また、プランターや袋などでも栽培できるので、ベランダや屋上でも栽培可能です。

珍しい品種をつくることができるのが、家庭菜園の楽しみのひとつ。

珍しい品種をつくることができるのが、家庭菜園の楽しみのひとつ。

最近は、シンシアなどのフランス産の品種や紫イモ、インカのめざめのような赤皮系の品種など、さまざまな品種が楽しめるようになりました。普通のスーパーなどでは手に入りにくい品種を育ててみるというのも、家庭菜園ならではの楽しみです。


ジャガイモの栽培スケジュール

秋植えの場合は、暑さがまだ残っている時期なので、種イモをカットしない方が無難です。

秋植えの場合は、暑さがまだ残っている時期なので、種イモをカットしない方が無難です。

秋植えの際は、暑さで腐ってしまうこともあるので、ある程度涼しくなってから植えつけます。また、春植えの際は、種イモをカットしますが、秋植えの際は、カットせずにそのまま植えつけると、腐る心配がありません。

植えつけ・準備するもの

ジャガイモは、ナス・トマト・ピーマンなどと同じ、ナス科の植物。ナス科の植物は連作障害が出やすいため、これらの作物を同じところに連続して植えないようにします。また、湿度が高い場所では種イモが腐りやすいため、水はけのよい場所を選びましょう。

植えつけ予定地に、堆肥と炭(もしくは「くん炭」)をすきこんでおきます。また、種イモは、植えつける2日前くらいにカットして、陰干しし、切り口を乾かしておきます。

畑に、幅60cm・高さ30cm程の畝をつくり、種イモを、切り口を下にして、30cmピッチで配置していきます。その種イモの間に、ボカシ肥などの肥料を一握りずつ置き、土を10cm程かぶせれば、植えつけは完了です。

プランターで育てる場合は、通常のものよりも深めの、深さ40cm以上のものを使用します。培養土を入れたら、深さ10cm程の溝を掘り、幅60cm程度のプランターであれば、種イモを2個、25cm以上の間隔をあけて並べます。間に肥料を一握り置き、土をかぶせます。

ジャガイモは、肥料をやりすぎると葉ばかりが大きく育ってしまい、肝心の根の部分が肥大しなくなってしまうので、肥料のやりすぎに注意します。

植えつけ時の裏ワザ

切り分けた種イモは、通常、切り口の面積が広い部分を下にして植えますが、逆に、切り口を上にして植えたほうが丈夫に育つという説もあります。逆さまに植えたほうが、丈夫な茎だけが地上部に出てくるので、病害虫に対して、もともと抵抗力を持っているということなのです。ただし、芽の数が最初から少ないので、収量も減ってしまうというのとこと。しかし、春植えで、週1回くらいしか手入れのできない方というは、この方法を試してみる価値はありそうです。

ジャガイモの手入れ

季節にもよりますが、植えつけてから2週間~1か月ほどで発芽します。芽が10cm以上になったら、「芽かき」をします。一つのイモからたくさんの芽が出ている場合は、元気そうな芽を2本残して、それ以外のものは、すべて摘み取ります。このとき、種イモを引き抜いてしまわないよう、片手で種イモのあるあたりを押さえながら、丁寧に行いましょう。

ジャガイモの花

ジャガイモの花

新しいイモは、種イモよりも上にできるという性質があります。そのままにしておくと、新しいイモが、地表に近い部分に出来てしまうので、より大きなイモをたくさん収穫するために、「土寄せ」という作業を行います。これは、畝の両サイドの土を鍬で茎の部分まで寄せてあげること。収穫までに、最低2回は行うようにします。

地上部が枯れてきたら収穫時期です。春植えの場合は、どんなに遅くても、7月中に掘り上げるようにします。あまり長い間土の中で育てっぱなしにしておくと、硬くなってしまいます。収穫日は、乾燥した曇りの日がベスト。収穫直後に直射日光に当たると、赤く変色して腐りやすくなってしまうので注意します。

また、保存する際は、すぐに箱や袋に入れてしまわずに、日の当らないところに広げて、2週間程度乾燥させます。広げておくスペースの無い場合は、通気性の良いコンテナなどに入れておき、2週間したら、一度、全部出して、状態をチェックします。このとき、傷んでいるものがあれば、取り除き、完全に乾かしておけば、2~3カ月間保存がききます。

袋でも育てられるジャガイモ

イギリスではポテト栽培用バッグという商品もあるほど、ポテトの袋栽培はポピュラーな方法

イギリスではポテト栽培用バッグという商品もあるほど、ポテトの袋栽培はポピュラーな方法

最近、培養土の袋でそのまま育てられる野菜苗キットが売り出されていますが、ジャガイモも、袋で育てられる野菜のひとつです。その際に使用するのは、内側に日光が入らないよう、特殊な加工を施された袋。植物の根は、暗いところを求めて伸びていく性質があるので、通常のビニール袋では根がうまく育ってくれません。でも、専用の袋を手に入れれば、プランターをわざわざ用意しなくても、ベランダや屋上で、より手軽に野菜づくりを楽しむことができるようになります。

【関連情報】
アスパラガスの育て方・栽培方法
野菜別の育て方