ホームメイドクッキング/調味料・作りおきレシピ

贅沢な味わい!手づくりバター

やわらかい口当たりの手づくりバターで贅沢な朝食を。ハンドミキサーであっという間にでき上がります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
贅沢な味わい!手づくりバター

所要時間:15分

カテゴリー:手作り調味料手作りバター

 

贅沢な味わい!フレッシュバター

バターの起源は、その昔、羊の皮袋に入れたミルクが、長時間の旅で揺られたおかげで分離して、バターと液体とに分かれたのを発見したのが始まりといわれています。空き瓶に生クリームを入れ上下にはげしく振って作ることもできますが、ハンドミキサーと脂肪分が47%以上の生クリームを使えば、簡単に手づくりバターができ上がります。

プレーンなバターに、ニンニク、ローズマリーなどを加えれば香り豊かなハーブバター、またレーズンを加えれば少し甘めのレーズンバターと違った味わいが楽しめます。パンやプレーンオムレツに添えて、我が家のオリジナルの贅沢な味をお楽しみください。


手づくりバターの材料(出来上がり量 120g

手づくりバター
生クリーム (脂肪分47%)200ml
小さじ1/3
プレーンバターに、ハーブ、レーズン、黒ごま、七味唐辛子など加えてオリジナルのバターを楽しんでください。

手づくりバターの作り方・手順

手づくりバター

1:ボウルに生クリームと塩を入れ、ハンドミキサーで泡立てる

ボウルに生クリームと塩を入れ、ハンドミキサーで泡立てる
ボウルに生クリームと塩ひとつまみを入れて、ハンドミキサーの強で泡立てます。3分程すると、生クリームが分離してポロポロの状態になります。

2:水分を取り除き、ねっとりした状態まで泡立てる

水分を取り除き、ねっとりした状態まで泡立てる
出てきた水分は乳清(ホエイ)です。料理に使ったり飲むことができますのでグラスなどに移します。引き続き泡立てると、バターのようにねっとりとしてきます。このような状態になるまで約10分ぐらい泡立てます。

3:キッチンペーパーで水気を取る

キッチンペーパーで水気を取る
でき上がったバターをキッチンペーパーに包みます。2~3回取り替えて、バターの余分な水分を取り除きます。

4:約120gのバターと、80mlの乳清(ホエイ)ができる

約120gのバターと、80mlの乳清(ホエイ)ができる
重さ約120gのバターと乳清(ホエイ)ができました。プレーンバターで完成のときは、バター容器に入れ冷蔵庫で保存します。

5:ハーブバターを作る

ハーブバターを作る
ハーブバターは、4のバターの1/3を取り分け、みじん切りしたローズマリー(1枝)、すりおろしニンニク(小さじ1)を入れ、良く混ぜ合わせて作ります。

6:3種類のバターの完成

3種類のバターの完成
プレーンバター、ハーブバター、レーズンバターのでき上がりです。
トーストしたパンはもちろん、プレーンオムレツに添えて、香りと贅沢な味わいをお楽しみください。

ガイドのワンポイントアドバイス

低脂肪の生クリームを使って作るときは、かくはん時間を長くします。出来上がり量は少なくなります。

更新日:2010年07月08日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する