新生児育児/新生児の湿疹、主なトラブル

おむつかぶれの原因と対処法

おむつかぶれはうんちの回数が多いのと、市販のおしり拭きの拭きすぎの機械的刺激が多くの原因です。赤くなった時には市販のおしり拭きを控えて、お湯で洗い流すようにすると良くなってきます。あとは肌にあったおむつかぶれ用のクリームをつけて治しましょう。

この記事の担当ガイド

ゆっくり、ゆっくりママになればいいんだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おむつかぶれはほとんどの赤ちゃんが経験します。

おむつかぶれはうんちの回数が多いのと、市販のおしり拭きの拭きすぎの機械的刺激が多くの原因です。ほとんどの赤ちゃんが経験します。赤くなった時には市販のおしり拭きを控えて、お湯で洗い流すようにすると良くなってきます。あとはしっかり乾燥させて、肌にあったおむつかぶれ用のクリームをつけて治しましょう。
 

赤ちゃんのうんちは飲んだら出る

あ

ミルクを飲んでいる赤ちゃんのうんちはややねっとり

新生児期は特にうんちの回数が多く、完全母乳だと消化がよいので、1日に飲んだ回数分の7~10回はウンチが出ます。おっぱいやミルクを飲みながらや、寝ていても、ちょっときばっても、うんちが出ます。

うんちの形状は、スープカレーにカッテージチーズが混じったような感じ(顆粒便)、ミルクを足していると少し回数が少なくなり、ややねっとり、クリーム色というウンチになります。
 

赤ちゃんの皮膚は薄く、おむつかぶれを起こしやすい

うんちの回数が多いと、おむつ交換をする回数も必然的に増えますが、うんちに含まれる酵素と、おしりを拭くという摩擦行為などの外的な機械的刺激が合わさって、おむつかぶれが起こると言われています。

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、乾燥や刺激から守る角質層(お肌の一番外側の部分)の厚さが大人の約半分。また、大人よりも体の水分保持量が多く、さらに代謝も活発なため、皮膚トラブルになりやすいのです。
 

おむつかぶれにしない、おむつ換えのコツ

以下の3つのポイントに気をつけておむつ換えをすると、おむつかぶれしにくくなります。

  1. おしっこの時はおしり拭きで拭かないようにしましょう。オムツの乾いた部分で押さえ拭きで十分。
     
  2. うんちの回数が多く、市販のおしり拭きでかぶれる時は、赤ちゃんウォッシュレットで洗い流すか、コットンにぬるま湯を浸して洗い流します。赤ちゃんウォッシュレットとは、市販の霧吹きや100円ショップのポリ容器などにぬるま湯を入れて洗い流すこと。
     
  3. 洗い流したら乾いたコットンなどの布で押さえ拭きをして、よく乾かしましょう。乾かし方は小さめのうちわで風を送ってもいいですし、冬場はドライヤーの弱で暖かい風を送ります。またおしりを出して、日が入る明るい所でおしりを出しておくのもいいでしょう。これが一番早く治ります。

更新日:2014年09月22日

(公開日:2010年08月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    21

    この記事を共有する