学費・教育費/進学コース別・教育費の設計方法

生涯賃金で高卒・大卒の逆転も!?

生涯賃金で見ると、実は、重要なのは学歴より勤める会社がどこかということになりそうです。複数の統計データを読み解きました。

この記事の担当ガイド

家計の永続性と子どもにかけるお金のバランスをアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学歴ごとの生涯賃金の差は?

教育費のかけ方も、右へならえではなくなっている?

教育費のかけ方も、右へならえではなくなっている?

生涯賃金で見ると、重要なのは学歴よりも勤める会社がどこかということになりそうです。最も避けたいのは、大卒フリーター&ニートです。

労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2012」を見ると、入社した企業で定年まで勤め続ける「標準労働者」の場合、学歴が高くなるにつれ生涯賃金も高くなっています。学歴が高いほど就業年数は短くなりますが、賃金水準はむしろ高い分、結果として高学歴ほど生涯賃金が高くなります。

まずは、平均年収で高卒と大卒の差を見てみましょう。

■2012年の生涯賃金
<男性>
高卒        2億4000万円(42年間)
大卒・大学院卒 2億8000万円(38年間)
--------------------------------
大卒のほうが+4000万円

<女性>
高卒        1億8000万円(42年間)
大卒・大学院卒 2億4000万円(38年間)
--------------------------------
大卒のほうが+6000万円

高卒と大卒の生涯賃金の差は、男性で4000万円、女性で6000万円となっています。

学費のかけ方で高卒と大卒の生涯賃金差が縮小

高卒と大卒の生涯賃金の差は、前述の通り、男性で4000万円、女性で6000万円あるため、学費による逆転は難しそうです。しかし、学費のかけ方によっては、生涯賃金の差が縮小することはあるでしょう。

受験準備から大学失業までの学費は、「大学でかかる学費とお金」にあるように、私立理系・自宅外で約1120万円、国立・自宅で約470万円かかります。受験だけでなく、塾などにかけてきた費用を累計すると、大卒と高卒の生涯賃金の差はさらに縮小します。

とはいえ、あくまでもデータ上においてですが、学費による逆転はないといえそうです。

大企業に勤めれば高卒でも大卒を超える!

ただし、就職した企業の規模によっては逆転もあります。企業の規模で見た場合には、規模が大きくなるほど生涯賃金も高くなり、規模が小さい企業ほど逆に生涯賃金は低くなります。

例えば男性の大学・大学院卒の場合、企業規模1000人以上の大企業では約3億1000万円なのに対し、企業規模100~999人では約2憶5000万円、企業規模10~99人では約2億2000万円となり、非常に大きな差が出ています。

一方、高卒で企業規模1000人以上の大企業に就職できた場合は、約2億7000万円、企業規模100~999人では約2憶3000万円、10~99人では約1億9000万円。

この数字を見てもわかりますが、高卒で企業規模1000人以上の大企業に就職した場合の生涯賃金は約2億7000万円なのに対し、大卒で100~999人規模の企業に就職した場合は約2憶5000万円、10~99人規模の場合は約2億2000万円。いずれも逆転しています。

女性の場合は、1000人以上の大企業でも、女性が高卒で働く際の生涯賃金は低めのため、大卒の生涯賃金を逆転することはありません。やはり、1000人以上の大企業に大学・大学院卒で勤めて定年まで勤め上げるのが、最も生涯賃金が高くなります。

更新日:2013年09月17日

(公開日:2010年06月22日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する