学費・教育費/学費・教育費の平均データ

高校でかかる学費とお金

高等学校でかかる学費とお金について、文部科学省「子どもの学習費調査」に基づき見てみましょう。公立と私立に分けて考えます。

この記事の担当ガイド

家計の永続性と子どもにかけるお金のバランスをアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校はどれくらいお金がかかる?

公立でも私立でも学習塾代はかさんでいる

公立でも私立でも学習塾代はかさんでいる

文部科学省「子どもの学習費調査2012年度」のデータをもとに、高校でかかるお金を、公立と私立に分けて見ていきます。

2014年度より高校授業料無償化制度に所得制限が設けられたことや、低所得層向けに新設された給付金制度についても確認しておきましょう。

公立高校の学習費総額(1年あたり)

公立高校で、1年間に平均してかかるお金の合計と内訳は次のとおりです。

●公立高校でかかる学習費
合計 38万6439円

― うち学校教育費 23万837円(内訳は後述)
― うち学校給食費 0円
― うち学校外活動費 15万5602円(内訳は後述)

学校教育費には授業料が含まれており、2010年度から「高校授業料無償化」が導入されたことで、導入前より一段下がった水準になっています。

詳しくはこちら>>高校授業料無償化制度(高等学校等就学支援金制度)を知ろう

続いて、学年別推移でみると以下のようになります。

●学年別 公立高校でかかる学習費
高校1年 44万233円
高校2年 39万2661円
高校3年 32万5969円

やはり、入学年度はほかの年よりも学習費がかかります。

公立高校でかかる学校教育費の内訳

学習費のうち、学校教育費の内訳を見てみましょう。

高校授業料無償化制度により、2012年度のデータでは授業料は「0円」となっていますが、2014年度からは所得制限が設けられ、一定以上の所得の世帯では助成がありません。

●公立高校の学校教育費
授業料 0円
修学旅行・遠足・見学費 3万2042円
学校納付金等 4万6090円
図書・学用品・実習材料費等 3万6001円
教科外活動費 3万7349円
通学関係費 7万6017円
その他 3338円

公立高校でかかる学校外活動費の内訳

次に、学校外活動費(年平均)の内訳を見てみましょう。

●公立高校の学校外活動費
家庭内学習費 1万5424円
家庭教師 1万4877円
学習塾費 8万2011円
その他 1万160円
体験・地域活動 2051円
芸術文化活動 1万2319円
スポーツレクリエーション活動 7814円
教養・その他 1万946円

大学受験に向けて、学習塾費がかさんでいる様子がうかがえます。

高校授業料無償化制度に所得制限

高校授業料無償化制度により、2010年度以降、公立高校の年間授業料11万8800円が無料になっていました。しかし、2014年度より所得制限が設けられ、対象世帯が一定年収以下に絞られました。

対象になるのは夫婦と子ども2人の4人世帯で世帯年収910万円未満(共働きの場合は合算)の世帯のみに限られます。

低所得層対象の「高校生等奨学給付金」が新設

授業料無償化と同時に、低所得層への給付型奨学金「高校生等奨学給付金」も設けられました。一定以下の低所得の世帯に支給されます。

詳しくはこちら>>返済不要で家計が助かる!高校生等奨学給付金

更新日:2014年10月31日

(公開日:2009年08月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    34

    この記事を共有する