定年・退職のお金/老後の生活費と家計管理

老後の生活費26万円、貯蓄額2144万円

老後の不安のひとつはお金の準備。いくらあったら安心できる? 毎月いくら使っていく? 老後資金の希望と現実はいかに!?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後の1カ月あたりの生活費と準備しておきたい貯蓄額、平均は?

金融広報中央委員会が毎年実施している「家計の金融行動に関する世論調査(平成26年)」で、老後の生活費や貯蓄に関して、アンケートによる全世代(20代~70歳以上)の平均額の回答が公表されています。

●老後のひと月当たり最低予想生活費 26万円
●年金支給時に最低準備しておく貯蓄残高 2144万円


世帯別では、60歳代と70歳以上の方の回答の平均は、いずれも全年齢回答平均より1万円多い27万円でした。実感がこもった金額のようにも感じられます。

モデル世帯の年金額は平均22万1507万円

一方、厚生労働省が毎年発表している、モデル世帯における夫婦二人の年金額の平成27年度の金額は1カ月当たり22万1507円です。皆さんが想定している最低生活費を年金だけで生活費を賄うのは厳しそうです。

皆さんが老後に望む生活水準は?

老後の生活費
アクティブで経済的にも豊かなシニアライフを送るためには、いくら必要?
皆さんは老後のひと月当たりの生活費として、いくら使うか、いくら使いたいか考えてみたことありますか? 金額で何万円という額は頭に浮かばないかもしれませんね。

イメージしやすくするには、現在の生活水準を維持したいか、支出を下げて我慢するか、今よりゆとり生活を送りたいかと考えてみるとよいですよ。

現在、生活費25万円でやりくりしている家計の場合、次のように考えると大まかな老後の生活水準がイメージできます。

・現状維持:老後資金も25万円使いたいということになります。
・ガマンする:20万円前後か、それ以下の生活費になるかもしれません。
・ゆとりある生活を望む:現状の生活費25万円にプラス5万円か10万円、それ以上を上乗せした生活水準です。

老後の生活費、費目別に見るといくら?

総務省の「家計調査(二人以上の世帯)」平成27年5月分によると、無職世帯(セカンドライフ世帯が多く含まれます)の支出は次のとおりです。

●支出総額 26万7803円
<内訳>
・食費 6万7169円
・住居 1万5524円
・水道光熱 2万1286円
・家具、家事 9999円
・被服費等 8038円
・保健医療 1万3446円
・交通通信 2万5857円
・教育 537円
・教養娯楽 2万6522円
・その他 5万437円
(その他-理美容、交際費、嗜好品、諸雑費など)
・税金 社会保険料 2万8990円

老後の生活費について、ある程度イメージできたでしょうか? しかし、単純にはいきません。老後の生活に対する備えの大きな落とし穴である「物価上昇」を、常に頭の中に入れておきましょう。

では、引き続き物価上昇によってどれだけ、皆さんの老後の生活が影響を受けるかを見てみます。

物価上昇があなたの老後を脅かす  次のページ

この記事を読んで良かったですか?

良かった

67

更新日:2015年07月21日

(公開日:2008年05月01日)

あわせて読みたい