仕事・給与/アルバイト・パートの給与はここに注意

学生のアルバイト、年収103万円に注意!

「103万円の壁」は主婦のパートなどでよく言われていますが、学生のアルバイトでも考える必要がありますよ。子どもがバイトに精を出したら、親の扶養家族からはずれて税金が高くなる可能性が……

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生バイト
大学生のアルバイトも主婦のパートと同様に年収に注意
主婦のパートなどでよく言われる「103万円の壁」。主婦が夫の扶養の範囲内におさまるように働き、夫の所得税などを低く抑えるというものでした。

主婦の給与所得が年収103万円までなら、専業主婦と同様に所得税が優遇されるというものです。

この話、主婦だけではなく学生のアルバイトにもいえます。アルバイトに精を出したら、親の税金が増えた……ということも。そこで今回は、学生のアルバイトと扶養の関係についてご紹介します。


学生でも年収によって扶養控除が適用

所得税や住民税の計算をする時、養っている家族が何人いるかで税金が考慮されています。いわゆる人的控除といわれるもので、扶養家族が多いほど税金が安くなるというものです。

人的控除には、配偶者に適用される「配偶者控除」、扶養親族に適用される「扶養控除」があります。これらはいずれも給与所得であれば年収103万円以下の配偶者や親族であれば適用されます。

給与年収が103万円以下の子どもを扶養していれば、扶養家族としてカウントできるのです。その結果、父(もしくは母)の所得税や住民税は安くなります。


16歳から扶養控除、19歳から23歳なら特別な控除が

この扶養控除、平成23年分以後に改正されました。子どもが16歳未満なら、扶養控除はなく、16歳より扶養控除が認められるようになりました。また19歳以上23歳未満の扶養家族は「特定扶養親族」として、更に多くの控除が認められます。
この特定扶養親族は、その年の12月31日時点での子どもの年齢で判断されます。

この控除ですが、子どものバイトが給与年収103万円を超えた段階で適用されなくなります。教育費がピークの時期に、家計には厳しいですよね。

更新日:2011年03月09日

(公開日:2008年10月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    37

    この記事を共有する