仕事・給与/アルバイト・パートの給与はここに注意

「103万円の壁」どうして103万円なの?

主婦や学生のパート、アルバイトで一番気になるのが「103万円の壁」。ところで、どうして103万円なのでしょうか?それは所得税と所得控除にカギがあります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「103万円」の意味を理解していますか?

主婦がパート勤めを考える時、年収103万円に抑えることが多いが、その理由をきちんと理解している人は少ない

主婦がパート勤めを考える時、年収103万円に抑えることが多いが、その理由をきちんと理解している人は少ない

収入は減る、税金や社会保険料の負担は増える、教育費は増える……。少しでも家計の足しにと、働き始めるママが増えています。また、大学生への仕送りも年々減っており、アルバイトで生活費の大部分を稼がないとやっていけない学生も多くなりました。

主婦のパート「扶養範囲内がお得」は本当?』でも解説しましたが、103万円はパートやアルバイトで働く時に考えるべき年収のラインです。 「103万円の壁」と呼ばれるこの「103万円」、とっても半端な数字だと思いませんか? 今回は、どうして「103万円」なのか?を解説したいと思います。

103万円の決め手は所得税の所得控除

どうして、年収103万円を気にしないといけないかご存知ですか? それは、パートやアルバイト、派遣社員、正社員などの給与所得者が年収103万円以下だと、

・自分自身が所得税を払わなくてもいい
・(主婦の場合)夫の所得税の計算時、配偶者控除を受けられ、夫の所得税が減額される
・(16歳以上の学生の場合)親の所得税の計算時、扶養控除を受けられ、親の所得税が減額される

……からです。また、会社の家族手当の支給要件が、年収103万円以下の家族という基準のところが多くあります。このため、「年収103万円以下に働き方を抑えると得!」という考え方が広まっているのです。これが「103万円の壁」の理由ですね。

所得税はどのように決まる?

では、所得税はどのようにして決まるのでしょうか? 収入がお給料だけ(家賃収入や株の売却益など他の所得がない)の場合で考えてみます。

所得税とは、一年間の「所得」に対して課せられる税金です。給与所得者にとっての所得は、「給与所得の金額=収入金額-給与所得控除額 」となります。

収入金額とは、1年間(1月から12月まで)に支払われた給与・賞与の合計額で、源泉徴収される前の金額。 ここから、給与所得控除を引いたものが給与所得になるわけです。

この給与所得控除というのは、自営業者などでの必要経費のようなもの。自分で商売をしていたら、仕事に必要なものは経費として処理されますが、給料をもらう身ではそうはいきません。とはいっても、仕事のために、色々とお金がかかっているはず。ということで、給与所得者に対して、給与所得控除をもうけているのです。

【関連記事】収入と所得は何が違うの?

給与所得控除は最低でも65万円

収入金額ごとの給与所得控除額(平成25年分以後)。ただし、給与等の収入金額が660万円未満の場合には、別の表で計算されるが、およそこの表の金額となる

収入金額ごとの給与所得控除額(平成25年分以後)。ただし、給与等の収入金額が660万円未満の場合には、別の表で計算されるが、およそこの表の金額となる 

給与所得控除は、支払われた給与・賞与の金額から決まります。上の表は、収入別の給与所得控除額です。 最低でも、65万円の控除が受けられるということですね。

なので、給与収入が65万円以下であれば、給与所得が0になるわけです。 年収が65万円以下なら、税金などを払わなくてもいいというわけですね。 でもまだ、103万円にはなっていません。

65万円が103万円になる仕組みを 次のページで解説します。

更新日:2014年10月10日

(公開日:2008年03月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    25

    この記事を共有する