損害保険/損害保険(その他)についても知ろう

個人賠償責任保険とは?

きっと皆さんも加入済かもしれない「個人賠償責任保険」。日常生活の中には様々なリスクが存在します。どのようなリスクが潜んでいるのか例を挙げつつ、個人賠償責任保険について解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人賠償責任保険をご存知ですか?

個人賠償責任保険とは?

個人賠償責任保険とは?

個人賠償責任保険は、保険会社によっては、日常生活賠償責任保険という名称で呼ばれています。この呼び名からわかるとおり、この保険の目的は日常生活で家族以外の第三者である他人にケガを負わせたり、他人の物を壊してしまったなど、法律上の賠償責任を負ってしまったときに、損害賠償金や訴訟になった場合の弁護士の費用等、訴訟費用等を含め保険金が支払われる保険です。

日常生活において、こうした事故を起こしたことがない方にとって、自分や家族が誰かから賠償責任を求められる場面は想像しにくいでしょう。縁のないものに感じるかもしれません。しかし、下記の通り生活の身近なところに賠償責任が発生してしまうリスクが思いのほか存在しています。いくつか例を挙げてみましょう。

●賠償責任を求められる事故事例
○自転車で走行中、
・停めてあった高級車にぶつかってしまい車のボディに傷をつけて弁償をもとめられた。(この場合、停車中の車に過失はないので、自転車に乗っていた方が賠償責任を負う可能性が高いです。)
・歩いている人にぶつかってケガをさせてしまった。もしくはスピードを出し過ぎて、出会いがしらに歩行中、もしくは自転車搭乗中の人と激突し、けがをさせてしまった。(出会いがしらとはいえ、全てとは言いませんが、過失を問われ賠償を求められ可能性がかなり高いといえます。)

○自分の子が遊んでいるとき、
公園でお友達と遊んでいるときに、木の枝で友達の目をついて失明させてしまった。(子どもが起こした事故に関しては親が責任を負うことになります。)

○デパートで買い物に出かけているとき、
持っていたハンドバックなどの荷物が陳列棚にあたり商品を落としてこわしてしまった。(思いもよらない不注意による事故で損害賠償を求められるケースです)

○飼い犬が、
家族以外の人に噛みついてけがを負わせてしまった。
友達が遊びにきた時など、飼い犬が噛みついてケガをさせてしまった。

○ホームパーティーで、
友達を招いたホームパーティーで出した食事が原因で、食中毒を起こした。

○洗濯機のホースがはずれ、
マンションやアパートなどの集合住宅の場合などで、洗濯機のホースが外れて、 下の階のお宅が水浸しになってしまった。

○ベランダから物が落ちて、
ベランダの植木鉢が落ちて、通行人にケガを負わせてしまった。

などなど、身近な賠償リスクを取り上げていくと限りがありません。そのほとんどが、日頃の生活の中で気をつけていれば防げていることばかりなのです。「自分の場合は絶対にありえない」と言い切れる方はいないのではないでしょうか。

賠償責任については、ケースバイケースなので一概に語ることは出来ません。
しかし、万一賠償責任を問われることを起こしてしまったときの備えはしておきたいものです。

例で挙げた、ホームパーティーで食中毒を起こしてしまった場合のように親しい間柄の友人であれば、賠償責任を求めてこないかもしれません。しかし、親しい友人が自分のミスのために被ってしまった治療費用などはたとえ請求されなくても何とかしたいと考えるのではないでしょうか。

個人賠償責任保険は、このように日常に潜む賠償リスクに対して備える保険なのです。

更新日:2010年07月30日

(公開日:2002年04月18日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    21

    この記事を共有する