住宅ローンの借入/住宅ローンの基礎を学ぼう

住宅ローン 団体信用生命保険とは?

住宅ローンを組むと、ほどんどの場合、同時に生命保険に入っていることをご存知でしたか?住宅ローン利用にあたって避けては通れない生命保険制度のお話。今回は団体信用生命保険(団信)についてお話しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険は、大きな安心になります。内容をよく確認しておきましょう。

団体信用生命保険は、大きな安心になります。内容をよく確認しておきましょう。

住宅ローンは借入額が高額のため、通常長期返済は長期にわたります。そのため、返済期間中に、万が一ということがないわけではありません。そんなときのために、住宅ローンに付随する生命保険について知っておくといいでしょう。

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)は、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

もし団信に加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。他の生命保険との兼ね合いもありますが、マイホームに安心して住み続けるために、団信はとても重要なものとなります。

民間金融機関は、団信加入が条件

民間金融機関の多くは、この団信の加入を住宅ローン借入れの条件としています。この場合には、保険料は金利に含まれており、別途に保険料支払いは発生しません。ただし、健康状態が良好で、生命保険に加入できる状態ではないと住宅ローンも借入れできないということ。当初借入時のみならず、借換えの際も同様となるので、健康でいることは、より良い住宅ローンを借入れするためにも必要なことなのです。

なお、健康上の理由で通常の団信に加入できない場合には、生命保険の引受け基準が拡大された「ワイド団信」だと加入できる場合もあります。ワイド団信付きの住宅ローンはメガバンクをはじめ多くの金融機関で取り扱いがあります。金利が0.2~0.3%程度高くなりますが、住宅ローンを安心して借入れする手段としては有効です。

【参考記事】ワイド団信のチェックポイントと比較

一部の民間金融機関とフラット35では、団体信用生命保険への加入が任意となっています。フラット35を借入れし、団信に加入する場合には、特約料(保険料)を住宅ローンの返済額とは別に年に一度支払います。特約料は残高によって決まり、1,000万円あたり年間36,000円の割合で計算されます。また、夫婦が連帯債務者になっている場合には、二人で加入できる「デュエット」があります。夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または高度障害状態になった場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残債務が全額弁済されるというものです。

更新日:2014年07月14日

(公開日:2004年03月17日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    68

    この記事を共有する