住宅ローンの借入/これから借りる住宅ローン関連情報

ローン控除、10年と15年どちらを選ぶ?

いよいよ確定申告の時期となりました。平成19年、平成20年に入居した人は、住宅ローン控除の控除期間は、10年と15年のどちらかを選択することになります。さて、どちらを選んだ方が効率的なのでしょうか?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成19年、20年入居の人の控除期間は2種類

イラスト
2007年にマイホームを購入した人の住宅ローン控除は、2つの控除期間から有利な方を選択することができます
平成19年に住宅ローンを借入れし、マイホームを取得・入居開始をした人は、住宅ローン控除を受けることができます。住宅ローン控除を受けるには、会社員の人でも、初年度は確定申告が必要です。

控除期間は、平成18年までに入居した人は、取得年ごとに一律でしたが、平成19年、20年入居の場合には、2種類の控除期間から自分で選択することになります。これは、昨年、税源移譲ということが行われ、所得税額が少なくなったため、従来の10年間だけでは減税額の総額が減ってしまうケースに対応するための措置で、特例として控除期間15年も選択することができるようになっています。

平成19年と20年に入居した場合の住宅ローン減税の概要は次のとおりです。最高控除額は、控除期間が10年でも15年でも同じになります。

<平成19年入居の場合>
対象となる住宅ローン年末残高:2,500万円以下の部分
最高控除額 200万円
●控除期間10年の場合の控除率
1~6年目   1.0%
7~10年目  0.5%
●控除期間15年の場合の控除率
1~10年目   0.6%
10~15年目  0.4%

<平成20年入居の場合>
対象となる住宅ローン年末残高:2,000万円以下の部分
最高控除額 160万円
●控除期間10年の場合の控除率
1~6年目   1.0%
7~10年目  0.5%
●控除期間15年の場合の控除率
1~10年目   0.6%
10~15年目  0.4%

それでは、控除期間はどちらを選んだ方が有効なのでしょうか?
ケース別の試算は次のページで。

更新日:2008年01月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する