住宅ローンの借入/住宅ローンの基礎を学ぼう

「つなぎ融資」はどんな場合に必要?

一戸建てを建築する場合は、マンションや中古一戸建てと大きく異なるのが資金繰りの重要性。着工金や中間金の支払いが必要な場合に利用するのが「つなぎ融資」。その仕組みと利用上の注意点を知っておきましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ「つなぎ融資」が必要なの?

イラスト
一戸建ての建築には、資金繰りを考えておくことも必要。つなぎ融資を利用しなくてはならないかもしれません。
一口に住宅取得と言っても、新築マンション、中古マンション、新築建売、中古一戸建て、住宅の新築などその形態はさまざまです。住宅ローンの視点からグループ分けすると、新築一戸建ての建築だけ、少し手続きの流れが異なります。これは、住宅の建築にあたり、着工金、中間金というものの支払いが生じるためです。

住宅ローンは、原則、建物が竣工しているものに融資されます。新築マンションなどすでに建物が出来上がっているものについては問題ありませんが、一戸建ての着工金や中間金にローンを利用したい場合には、まだ建物が出来上がっていないため、住宅ローンを融資してもらうことができないのです。

そこで利用するのが「つなぎ融資」。つまり、建物が竣工して住宅ローンを正式に融資実行してもらうまでの間、つなぎで借入れするものです。つなぎ融資を借入れしている間は、金利のみを支払い、建物引渡し時に実行される住宅ローンで精算するという流れになります(一部の金融機関では、つなぎ融資を使わず住宅ローンを分割で融資してくれる場合もあります)。

また、一部、住宅ローンの実行時期と引渡しが同時にできない場合があります。この場合にも引渡しを受けるために、つなぎ融資を利用する場合があります。


「つなぎ融資」はどこでもあるわけではない

着工金や中間金も、自己資金で支払えなければ、つなぎ融資を利用すればよいのですが、ここで注意しなくてはならないのが、つなぎ融資はどの金融機関でも取り扱っているわけではないということ。

着工金や中間金を自己資金では支払えないという場合には、住宅ローン選びはまず「つなぎ融資」が利用できるかどうか、から始まります。どんなに金利面などで有利な金融機関であっても、利用できない金融機関の情報を集めても無駄になります。このことから、着工金や中間金分を自己資金で支払うことができれば、手続きの煩雑さもなく、住宅ローンも選択肢が多くなり、より有利なローンを利用できる可能性が出てきます。

なお、最近では、フラット35でもつなぎ融資が利用できるものもでてきています。楽天モーゲージでは「土地取得費用、着工金、中間金」の最大三回の分割利用が可能、クレディセゾンでは「土地取得費用、着工金、中間金、竣工後引き渡し代金」の最大四回までの利用が可能になっています。


つなぎ融資の利用や、一戸建て建築の場合の資金繰りの注意点は次のページで。

更新日:2010年09月23日

(公開日:2009年06月30日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    20

    この記事を共有する