1. All About
  2. 検索一覧
409人該当しました
カテゴリー:
未選択
メディア掲載実績:
未選択
執筆書籍:
あり
  • 長島 ともこ

    子育て・PTA情報 ガイド

    長島 ともこ (ながしま ともこ)

    ママ&自分ライフをhappyに!育児&PTA情報を発信するライター

    二人の子供を持つフリーライター。出産を機に専業主婦に。母として不安や悩みと向き合ううち、「ママが読んでほっとする情報を発信したい」と、現職に復帰。子育てアドバイザーの資格を取り、育児、妊娠、出産の分野を中心に執筆を行う。PTA広報委員長を経験し、PTA関連書籍を出版。講演活動も。

  • 矢田部 明子

    カーメンテナンス ガイド

    矢田部 明子 (やたべ あきこ)

    クルマを運転する楽しさを伝え、メカニズムも解りやすく解説します 

    自分の体験談を交え、専門的な知識を活かし分かりやすく解説。役立つ情報をお届けしていきます。

  • 蝦名 玲子

    ストレスマネジメント ガイド

    蝦名 玲子 (えびな りょうこ)

    「健康をつくる」という視点から、ストレス研究を解説する保健学博士

    保健学博士。ミシガン州立大学大学院にて修士号(コミュニケーション学)、東京大学大学院にて博士号(保健学)を取得。複数の国公立の医学系研究所で勤務後、現職に。全国の官公庁や企業、大学等で「折れない心をつくる方法やコミュニケーション」の講演やコンサルティングを行う。日本健康教育学会代議員等を兼任。

  • つだ まどか

    中小企業診断士 ガイド

    つだ まどか (つだ まどか)

    最短合格を実現するための受験指導が得意な、中小企業診断士講師

    「TAC中小企業診断士講座」講師。「接客人数1万人超の元ネイリスト」という異色の経歴を活かし、美容業界専門の経営コンサルタントとして活動している。自身に大きなインパクトを与えてくれた診断士資格の合格者を1人でも多く輩出すべく、受験指導に携わって9年目。特に2次対策が得意。

  • 山本 佳奈

    内科医 / 女性の健康 ガイド

    山本 佳奈 (やまもと かな)

    滋賀県生まれ、大阪育ち。私立四天王寺高校卒、滋賀医科大学卒。医師。自身の体験から、大学時代より貧血の問題に取り組んでいます。専門は貧血ですが、低用量ピル、性感染症、不妊、痩せ、更年期障害など、女性の健康に関する症状・病気についてわかりやすく解説できる「女性の総合医」を目指し、日々研鑽しています。

  • 堀込 泰三
    東大卒!在宅で働きながら2児を育てる兼業主夫

    10歳と6歳の男の子を育てる兼業主夫。長男誕生時に2年間の育休を取得。その後、妻の海外勤務を経て退職し、在宅で翻訳の仕事を始め、夫妻ともに兼業シュフの「Wシュフ家庭」を実践している。NPO法人「ファザーリング・ジャパン」所属、「秘密結社主夫の友」主宰。

  • 安田 まゆみ

    老後マネー相談 ガイド

    安田 まゆみ (やすだ まゆみ)

    FP歴20年。老後のお金から離婚まで、貴方に寄り添うマネーセラピスト

    「元気が出る お金の相談所」所長 「一般社団法人エンディングメッセージ普及協会」理事長 「有限会社マイプランニングオフィス」 代表取締役元「女性FPの会」会長

  • 徳倉 康之
    父親の子育てを通じて社会の笑顔を増やす専門家

    家では2男・1女の父。そして共に働く妻の夫であり、社会では2つの会社、2つのNPOの経営に携わりながら内閣府子ども子育て会議委員、内閣府男女共同参画有識者議員などを務め父親の立場から社会をより良く変える取り組みを行っています。

  • 寿  マリコ

    ビジネスマナー ガイド

    寿 マリコ (ことぶき まりこ)

    マナーでまごころを伝える、ビジネスマナーの専門家

    池坊短期大学教授日本女子大学大学院人間社会研究科博士課程修了銀行勤務を経て現職。短期大学でビジネスマナーや就職の面接対策講座、ノンバーバルコミュニケーションの研究を行う。また企業や官庁関連機関でマナー講座や就労支援講座を行う。著書に『新社会人のためのビジネスマナー講座』(ミネルヴァ書房)がある。

  • 大塚 万紀子

    マネジメント ガイド

    大塚 万紀子 (おおつか まきこ)

    働き方を変え、成果を上げるマネジメント法を伝授するコンサルタント

    中央大学大学院法学研究科修了、楽天(株)を経て、2006年(株)ワーク・ライフバランスを創業。現在は、同社パートナーコンサルタント/金沢工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授として、働き方の視点を活かしたマネジメント手法をエグゼクティブに共有することで組織の成長を支援する。二児の母。