恋愛 ガイド 武田 尚子

たけだ なおこ

1980年代生まれ。大学在学時代、コラム執筆。卒業後、某企業の総合職として勤務。都会で働く強くなりすぎた女子、早々にリタイヤした勝ち組女子、男子の本音など、東京のリアルな恋愛模様への知見を活かすべくコラムニストとしてデビュー。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数5

ガイドからの挨拶

コギャル全盛期に青春時代を過ごしたtkサウンズ世代。バーバリーのミニスカートで闊歩し、大学時代は細くした眉毛を育毛&焼けた肌の美白に明け暮れました。立派な大人になった現在のストレス発散方法は大黒摩季メドレーの熱唱。10代でキムタク先生のラブストーリーに洗礼を受け、恋愛に憧れ、傷つき、時に救われ、今や、セックス・アンド・ザ・シティが経典のミーハーアラサーです。

子供の頃は、大人になったらもっとスマートに生きているんだろうなと思っていました。それが大間違い

幸せそうに見える人も、そうでない人も、みんな多かれ少なかれ迷って、悩んで、立ち止まって、それでも前に向かって歩こうとしています。恋愛は一筋縄では科学できない。他人には理解できない凶器の沙汰や、ミラクルも起こってしまうものです。「歳の差」「草食」「婚活」……数々の恋愛マーケティングワードに翻弄される場所にいた立場から、等身大のコラムをお届けします。

ガイドの新着記事

  • いい男の妻が往々にして、イケてない女である不思議

    いい男の妻が往々にして、イケてない女である不思議

    いい男はモテるのにも関わらず、こと女事情に関しては向上心がびっくりするほど欠落しているように思える。連れて歩いている彼女は、地味だったり、気ばかり強いが知性がなかったり、同性である身からすれば、ケチのつくような相手ばかり。この「いい男不毛時代」のヒエラルキーのてっぺんに位置する男性の妻の座をしとめるのが、イケてない女である理由は?

    掲載日:2014年09月30日武田尚子の恋愛コラム
  • 矢口真里 バッシングの真相

    矢口真里 バッシングの真相

    連日世間を騒がす矢口不倫&離婚劇。彼女への女性からの風当たりの強さの本当の理由とは……?

    掲載日:2013年06月17日武田尚子の恋愛コラム