田中 和彦

住みやすい街選び(関西) ガイド 田中 和彦

たなか かずひこ

京都/大阪/神戸、不動産でお困りの方を助ける不動産コンサルタント

不動産の実務経験や、地域情報サイトの立ち上げなどの経験を活かし、関西の街の魅力を発信。

ガイドからの挨拶

「住みやすい街ってどこ?」って言われても、難しくってわかりません。なぜか? それは、その問いに主語がないから。例えば、大きな公園があっても「散歩ができてうれしい」と思う人もいれば、「夜、若い人がたむろしてないか?」と不安に思う人もいます。小学校が近くにあって、素直にうれしい人もいれば、「結構、運動場からの声がうるさいのよね」と感じる人も。安いスーパーが好きな人と高級スーパーが好きな人。ニュータウンが好きな人と下町が好きな人。家族構成・年齢・収入・ライフスタイル等によって“住みやすい”街はそれぞれ。そんな幅広いニーズにこたえられるような客観的な街紹介をこのサイトでは行っていきます。20年弱不動産業界の一人として、住宅販売の立場から、エンドユーザーの立場から、投資家の立場からと、複数の視点で見てきた経験を踏まえて、関西の街を紹介してまいります。皆さんの“住みやすい街”、見つけに行きましょう!

経歴・バックグラウンド

■1990年株式会社リクルートコスモス(現在、株式会社コスモスイニシア)に入社。マンション建設用地の仕込みに始まり、新築販売、仲介、賃貸管理などの各種不動産実務経験ならびにマーケティング等の業務を経験。供給側・需要側双方の視線で近畿一円の土地を見て回る。大阪で9年、神戸で5年。一貫して関西で勤務。 ■2004年株式会社IDU(現在、株式会社日本アセットマーケティング)にて不動産オークションの運営に携わる。土地・マンション・一棟・リゾートなど幅広いジャンルの物件をインターネット上でオークションに出展し、成約させるための物件調査から契約決済までのフローを管理。勤務地は大阪でありながら、東京を中心にいろんなエリアの街・物件をみてまわる。不動産を俯瞰的に見る力を養う。 ■現在は株式会社フォーシーカンパニーにて入居者コミュニティの企画運営・地域情報サイトの立ち上げなど幅広い業務の事業企画・実務を行う傍ら、代表を務める株式会社コミュティ・ラボではリノベーション企画や不動産有効活用等を行う。供給者側、需要者側、双方の立ち位置での仕事を行う。