ビットコイン ガイド 田代 昌之

たしろ まさゆき

「政策と需給」が価格変動の最大要因!!

フィスコ マーケットアナリスト 中央大学文学部史学科日本史学科卒業。新光証券(現みずほ証券)、シティバンクなどを経てフィスコに入社。IFTA国際検定テクニカルアナリスト3次資格(MFTA)取得。日経CNBCや、ラジオNIKKEIではゲスト解説のほかキャスター業務を務める。2017年よりフィスコ仮想通貨取引所の取締役を兼務。

得意分野

株式、為替、投資信託、仮想通貨

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数29

ガイドからの挨拶

みなさん、こんにちは。
フィスコ仮想通貨取引所の田代と申します。
ビットコインの価格が今年に入り上昇したことで、仮想通貨市場は大変な賑わいを見せています。
みなさんの周りでも仮想通貨に投資をされている方が増えているのではないでしょうか。
そんな仮想通貨ですが、市場規模はようやく10兆円台に乗せたレベルです。
株式市場と比較するのもなんですが、東証は約600兆円です。
世界最大のニューヨーク市場は約2000兆円です。
こうした市場と比較しますと、仮想通貨市場はまだまだ小さい存在です。
まだまだ拡大する余地があると私は考えています。
ですが、「仮想通貨に投資をするのはリスクがある」と考えている投資家の方は多いでしょう。
また、「投資のタイミングがわからない」「割安なのか割高なのかわからない」という投資家の方もいらっしゃると思います。
そのような投資家の方に、仮想通貨の面白さ、将来性、そしてリスクをどうやってわかりやすく説明できるか・・・。
私がこなさなくてはならない課題はまさにこれです。
専門用語が多い仮想通貨の話をどうやってわかりやすく伝えればいいのか・・・。
この課題を忘れることなく執筆を進めていけたらいいなと考えています。
どうか宜しくお願い申し上げます。

ガイドの新着記事

  • ビットコインの価値は上がっている?

    ビットコインの価値は上がっている?

    BCHやイーサリアムといった仮想通貨の関心が高まったことを背景にBTCが仮想通貨全体に占める割合(ドミナンス)は、年初にかけてかなり低下しました。しかしここ最近BTCの存在感が回復傾向にあります。今後ドミナンスはどのような変化を遂げるのでしょうか。

    掲載日:2018年09月04日ビットコイン
  • ビットメイン社とは?マイニング機材市場シェアをほぼ独占

    ビットメイン社とは?マイニング機材市場シェアをほぼ独占

    昨年夏BTCが分裂、ビットコインキャッシュが誕生しました。その時話題となった、マイニング機材ASICを販売する中国企業ビットメインが存在感を増しています。大型IPOを果たすとの話もあり、メディアも踊らされたBTC分裂後の状況をマイニング観点からみていきます。

    掲載日:2018年09月04日ビットコイン