手紙の書き方 ガイド 井上 明美

いのうえ あけみ

心くばりのある生きた敬語の使い方、手紙の書き方ガイド

ビジネスマナー・敬語講師。国語学者・故金田一春彦(事務所)元秘書。言葉に関するセミナー講師として、教育研修指導の場で活躍。ビジネスでも日常生活でも言葉遣い・敬語はコミュニケーションの基本とも言える大切なもの。手紙や会話での心くばりのある言葉の使い方や注意点について各場面ごとに詳しく解説いたします。 

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数100
メディア掲載実績32
執筆書籍数8

ガイドからの挨拶

会話も手紙文も、相手と場面に合わせてすぐに言葉を使い分けることができれば問題はありませんが、いつでもあいまいな言葉に頼っていては自信がなくなるばかりか、上司から叱責を受けたり、お客様から苦情があったり、友人の気持ちを傷つけてしまったり……と、とんだ失敗になりかねません。人一倍熱意があっても、肝心な言葉遣いや敬語を誤ってしまったばかりに誤解されるのは本意ではありませんね。相手を不快にさせてしまうような誤りは誰もが避けたいものです。

そんなコミュニケーションの一番の基本となる会話や手紙の中での「言葉遣い・敬語」について、長年の秘書経験をもとに様々な場面にそって実例豊富に解説いたします。敬語の重要性としては、電話や対面での話し言葉はもちろんですが、「文は人なり」というように手紙やメールでの書き言葉も同様です。大切な場面でどれだけふさわしい言葉を選り分けることができるかが肝心です。本サイトは、手紙の中でも重要な、相手・場面・言葉の調和。そして、人間関係を円満に築く心くばりの感じられる言葉の使い方と敬語を考える、「手紙の中での生きた敬語、心くばりのある言葉遣い」の実践講座です。

メディア掲載実績

雑誌日経おとなのOFF
敬語がアナタの印象を左右する
2018年05月06日
雑誌PRESIDENT WOMAN
心にグッと響く「お礼状」 思わず許してしまう「お詫び状」
2017年06月07日
雑誌THE 21
失敗しない話し方 敬語編 人を「イラッ」とさせない尊敬語・謙譲語の使い方
2017年03月10日
雑誌Mono Max
2017 最新育毛事情 Q&A
2017年03月10日
テレビテレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」
<国民の皆様から寄せられたお怒りメール>絵ハガキ送ったのにメールで返信してこないで!
2016年11月16日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 母の日の手紙、書き方と文例(義理の母へ)

    母の日の手紙、書き方と文例(義理の母へ)

    5月の第2日曜日は「母の日」ですね。お礼の言葉という物は普段あらたまってはなかなか言えないものですが、この機会に贈り物に添えて感謝の言葉を伝えてみてはいかがでしょう。義母宛に贈る、手紙の書き方と文例をご紹介します。

    掲載日:2018年05月03日手紙の書き方・文例
  • 「お」「ご」をつけすぎ?ほどよい敬語の使い方

    「お」「ご」をつけすぎ?ほどよい敬語の使い方

    お手紙をお書きになる、お忙しい、お水、おねぎ……など、言葉を丁寧にしようとすれば、「お」や「ご」が多くなる傾向があります。相手との関係によっては少し軽くしたいなということもあるかもしれませんが、そんな場合の対処法、上手な使い方というのはどのような点にあるのか具体的な例を見てみましょう。

    掲載日:2018年03月15日手紙の書き方・文例