提供:旭化成ホームズ
PR

3階建て住宅で暮らす ガイド 西野 功市郎

にしの こういちろう

「住宅200棟の設計実績 (プロ)」 と 「子育て世代の親 (住まい手)」の観点で、「3階建ての暮らし」に役立つ情報を紹介していきます。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数16

ガイドからの挨拶

「暮らし」は、時代とともに変化します。

広い土地に住宅が建つ時代は平屋・2階建てが中心でした。
高度経済成長期、相続・土地高騰で敷地分割を繰り返し、狭くなった土地では、
平屋・2階建てで充分な広さを確保することが困難になりました。
そこで誕生したのが、上に伸ばすことで広さを追求した3階建て住宅です。

当初、自宅利用のみだった3階建てに、土地の有効活用・資産形成という視点が加わり、店舗併用・賃貸併用住宅が誕生。
また生活が豊かになるにつれ、ビルトインガレージ・ベランダガーデン・太陽光発電などの様々なプラスαの価値が求められています。

旭化成ヘーベルハウスは1980年に業界で初めて3階建て住宅を世に出しました。
第一人者として、時代の変化に対応するため試行錯誤し蓄積してきたノウハウを、皆様の役に立つ形で情報発信できればと思います。

ガイドの新着記事

  • 3階建て住宅で解決する「実家どうする問題」

    3階建て住宅で解決する「実家どうする問題」

    「将来、実家をどうするか」という話題がメディアに登場する機会が増えました。3階建て住宅が「実家をどうするか」の有力な解決策になりえます。実家のあり方にこだわり、前向きに手を加えていく方法を考えてみましょう。

    掲載日:2018年10月29日3階建て住宅で暮らす
  • 3階建て住宅で耐震性・耐火性の高い家をつくるには

    3階建て住宅で耐震性・耐火性の高い家をつくるには

    頻発する地震、大雨、大規模火災……日本は国土面積のわりに自然災害が多い国として知られていますが、実は単体の災害だけでなく、地震の後に起こる火事、台風によってもたらされる風害と水害など、複合災害も多いのです。いざという時、家族を守れる家とはどういうものかを考えていきます。

    掲載日:2018年03月13日3階建て住宅で暮らす