坂田 英明

耳鼻科医 / 耳・鼻・喉の病気 ガイド 坂田 英明

さかた ひであき

小児から高齢者までのめまい・耳鳴り・難聴に徹底的にいどむ耳鼻科医

医学博士。日本耳鼻咽喉科学会専門医。東京大学医学部客員研究員、埼玉県立小児医療センター副部長、目白大学保健医療学部教授を経て、現在川越耳科学クリニック院長を務めています。医療を受け身でなく、自ら能動的に判断、行動して生活していただけるよう日々の健康に関する話題をご提供してまいります。

ガイドからの挨拶

みなさんこんにちは、坂田 英明です。わたしは耳鼻科医ですがかなり変わっているかもしれません。医学部の頃は脳外科志望でした。大学の先輩から脳外科は50歳を過ぎると手術ができなくなるぞ、と言われ父親も耳鼻科医でしたので耳鼻科を志望しました。ここまではよくあるパターンです。

耳鼻科は、赤ちゃんから高齢者まですべての年齢層の患者さんが対象です。また時には診断・治療・リハビリを一手に一人で行います。内科のイメージは主に診断が中心で、手術となったら外科へ紹介、外科は手術中心です。眼科や皮膚科、小児科はかなり限定された感じ。耳鼻科はとにかく幅が広いんです。めまいのような内科的なこと、機能外科としての耳や鼻の手術も多く行います。癌患者さんも診療します。そんなわけで耳鼻科を志望し今日まで研賛してきました。

さて日本は平均寿命が高い長寿国ですが、国民の幸福感はさほどでもないとよく言われます。医療費は高騰し社会保障費はどんどん増加しています。高度先進医療というハイレベルな医療もどんどん進歩しています。一方で一人暮らしの方の医療・救急の問題、小児医療など問題は山積みです。また、「かぜ」をひいたらどう対処するかなどのごく初歩的なこともあまり話題になりません。

国民皆健康保険制度は世界に冠たる制度ですが、個人個人が自分の健康を考え、節制すべくは節制、メディアの情報に振り回されることなく、医療を受け身でなく自ら能動的に判断して日々生活していって欲しいと考えています。

これから日々の健康に関する話題をご提供してまいります。みなさんといっしょに考えてまいりましょう。ご意見をどしどしお寄せください。

経歴・バックグラウンド

■略歴
平成元年 帝京大学病院耳鼻科 研修医
平成3年  帝京大学溝口病院耳鼻科 助手
平成11年 独国Magdebrug大学耳鼻科 留学
平成17年 埼玉県立小児医療センター耳鼻科副部長
平成20年 目白大学保健医療学部教授 
平成27年 川越耳科学クリニック院長

Neurootological and Equilibriometric Society 正会員
International Tinnitus Journal 編集委員
日本耳科学会代議員
日本聴覚医学会代議員
日本小児耳鼻咽喉科学会評議員
日本耳鼻咽喉科学会埼玉県地方部会理事

最近のテレビ出演
主治医が見つかる診療所:冬の感染予防
世界一受けたい授業:めまい
情報ライブミヤネ屋:難聴
朝ズバッ!:難聴
カラダのキモチ:睡眠の悩み
たけしのニッポンのミカタ!:老化防止には良い雑音!?
奇跡体験!アンビリバボー:睡眠時無呼吸症候群


 

 

資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医
身体障害者福祉法指定医
めまい相談医
補聴器適合判定医

経営・所属している企業・団体・協会

日本耳鼻咽喉科学会
日本耳科学会
日本小児耳鼻咽喉科学会
日本聴覚医学会
日本めまい平衡医学会
Neurootological and Equilibriometric Society

ホームページ・運営サイト

趣味・特技

これといった趣味や特技はないのですが、関心の高いことが「海外の医療事情」「車で聞く音楽」「家内」といったところでしょうか。

好きなことば・座右の銘

「日々是医道」「百錬造人」
医の道とはなにか自問しながら模索、検討の日々です。答えはまだまだみつかりません。