スキューバダイビング ガイド 鴫谷 隆

しぎや たかし

ダイビング総合誌『マリンダイビング』元 副編集長。2010年に退職後、世界最大のダイビング教育機関PADIの日本オフィス(株)PADIジャパンに入社し、現在に至る。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数51

ガイドからの挨拶

地球の面積の約7割を占める海。そこには陸上とは大きく異なる別世界が広がっています。どこまでも広がる青のグラデーションの中でクジラやイルカたちが泳ぎ、海底一面を覆う生き生きとしたサンゴの上を色鮮やかなトロピカルフィッシュが舞い泳ぐ……。皆さんは、そんな海の世界を覗いてみたいと思ったことはありませんか?

その願いを可能にしてくれるのが「スキューバダイビング」。水中で呼吸をしながら、魚たちと同じ目線で、360度広がる青の世界を自由自在に楽しむことができます。

ダイビングに興味を持っている方はとても多く、最近では中高年で始める方も増えてきています。にもかかわらず、巷にはさまざまなウワサが溢れており、偏った情報も多く、これからダイビングを始める人が混乱することもしばしば。ダイビングを始める人の誰もが安心して楽しめる環境を作れるよう、ダイビング業界のさまざまな視点から講習プログラム、ダイビング器材、ダイビングリゾートを見てきた経験を生かし、ここでダイビングに関する正しい情報を伝えていければと思っています。

皆さん、一緒に海の世界を楽しみましょう!

ガイドの新着記事

  • 冬のダイビング、服装の注意点・防寒対策

    冬のダイビング、服装の注意点・防寒対策

    夏のレジャーというイメージのあるスキューバダイビングですが、日本の海でも一年を通して楽しむことができます。とはいえ、冬の時期のダイビングでは、やはり「寒さ」に注意が必要です。そこで今回は、冬の海を快適に潜るための防寒対策について紹介します。

    掲載日:2019年08月28日スキューバダイビング
  • スキューバダイビング中にトイレに行きたくなったら?

    スキューバダイビング中にトイレに行きたくなったら?

    スキューバダイビングでよく聞かれるのが、「ダイビング中にトイレに行きたくなったらどうするの?」。特に冬の時期は気温・水温ともに下がるため、体が冷えやすく、トイレが近くなるものです。ウェットスーツを着たまま、水中でしてしまってもよいものなんでしょうか。

    掲載日:2019年08月17日スキューバダイビング

ガイドの新着まとめ

ガイドの新着イチオシ