純金で「貯めグセ」をつける

 
 純金投資はいくつかありますが、金額も手ごろで始めやすいのが、純金積立といえるでしょう。
ここでは、純金積立を利用した具体的な運用方法を紹介していきます。

 純金積立のメリットのひとつとして、一度申し込んでしまうと、あとは毎月、口座からの自動引き落としになります。つまり天引き感覚で、確実に継続して積み立てていけるのです。

20年後に大きな差に?

 こうして、半強制的に積み立てていくと、その分のお金は無かったものとして毎月の生活費をやりくりするようになります。これが「貯めグセ」。若いうちからこうした貯めグセをつけていくことで、知らず知らずのうちに資産形成ができ、10年後、20年後に大きな違いとなるのです。

早くから始めるほど有利

 純金積立は長期間続けることで、より確実な資産とすることができるほか、純金を割安に購入できる側面もあります。それ以外にも、若いうちに純金積立をはじめるメリットはいくつかあげられます。

(1)長期保有でリスクヘッジでき、着実な資産になる
(2)マーケット動向などに敏感になり、「殖やす」おもしろさに目覚める
(3)コインやバーなど、等価交換で積み立ての成果を実感できる

 注目したいのは、やはり(3)の等価交換でしょう。財形貯蓄などと違って積み立てた純金は、コインやジュエリーなどと交換して、保有できます。実物を手にすることで、資産となっていることを実感すれば、感慨もひとしお。積立のおもしろさを体感することが、さらなる投資意欲のアップになるはずです。
また、「純金積立」を続けていることで、世界経済の動向に敏感になります。特に20代、30代の若い世代では、こうしたマネースキルのアップは見逃せない利点といえるでしょう。

【嘉屋 恭子】



 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。