クレジットカードの利用が急速に増えている!

いよいよクレジットカード社会が到来しました。クレジットカードの発行枚数はすでに3億枚を突破しており、成人一人が2~3枚のカードをもつ計算になっています。カードの取扱高も毎年二桁の伸びをみせて順調です。コンビニの小額決済から高額の家具や家電製品の購入まで、クレジットカードのお世話にならない日はないといってよいでしょう。また、電気代、ガス代、水道代などの公共料金をクレジットカードで支払えるようになったために、カードをよく使うという印象が一層強くなりました。

家計のやりくりにも大いに貢献するクレジットカード!

さらに、クレジットカードは不況を乗り切る生活防衛の切り札としても関心を集めるようになっています。日経新聞のネットのアンケートでも、効果のある生活防衛術として、その第一位に「クレジットカード払いを増やし、ポイント活用する」が輝きました。日用品をカード払いにしてこまめにポイントを貯め、商品券に交換したり、携帯電話の機種変更に使ったりするのが最もお得な生活防衛術としてすでに認知されているのです。

50歳以上には抵抗があるクレジットカード利用!

ただ、実際にクレジットカードを持って使うとなると、50歳以上の人には抵抗感は強いと思います。この層の人たちにはクレジットカードは借金という意識が根強く刷り込まれているために、なかなか割り切ることができず、支払うなら、現金で済まそうとなるからです。私も同じ世代ですから、その心理はよく分かります。しかし、その一方で、最近のクレジットカードは何かと便利になり、家計のやりくりにも大いに貢献してくれるので、一度は使ってみたいと思う人も多いのです。

同じ持つならステータスのあるゴールドカードを!

百貨店などではカードを上手に使う高齢のご婦人をよくみかけます。そういう人に限って、金色の輝くゴールドカードをサイフから取り出して、高級ブランドの商品を購入したりするものですから、こちらもゴールドカードがよいと思い込むようになります。それが社会的にも成功を収めた熟年以上の人に共通した意識ではないでしょうか。