そろそろゴールドカードに目を向けてみては?

サイフの中に複数のクレジットカードがあるなら、「一枚くらいはゴールドカードを持ちたい」と思うのは当然でしょう。
年会費無料のカードが流行っていますが、無料カードはあくまで無料カード。そこそこのサービスはあっても、こちらが本当に欲しい尖ったサービスはありません。やはり持つなら特典満載のゴールドカードでしょう。

ゴールドカード選びの新基準。庶民派ゴールドカード!

ゴールドカードの年会費は一般に1万500円。かなりの負担になりますが、海外旅行傷害保険は充実していますし、コールセンターもあって、ワンランク上のサービスを味わうことができます。ただ、審査も厳しくて、その取得条件は、年齢30歳以上で、年収も500万円以上となっています。

この条件だと、自分は駄目だと思う人は多くいます。しかし、諦めるのはまだ早いといえます。最近は年会費2000円~6000円というリーズナブルな価格で、しかも、20代から持てるというゴールドカードが続々と登場しています。いわゆる庶民派ゴールドカードですが、これがなかなかの優れものなのです。手っとり早くゴールドカードライフを味わいたいという人にはおすすめです。

現在、登場している庶民派ゴールドカードは、三菱UFJニコスのMUFGカード・ゴールド、オリコのプレミアムゴールドiD、ポケットカードのP?oneカードゴールド、OMCゴールドカード、SBIゴールドカード、セゾンプラチナ・アメリカンエクスプレスカードなどです。

次のページでは、庶民派ゴールドカードを他のゴールドカードと比較します