旅行からネットでの買い物まで「もしも」の時を保険が守ってくれる!

クレジットカードには数多くの特典がついていますが、もっともお得といえるのは、自動付帯している保険でしょう。たいていの場合、カード会員になるだけで、様々な補償を受けられます。旅行中のケガや病気を補償してくれる「海外旅行傷害保険」、購入した商品が壊れたり盗まれたりした時に弁償してくれる「ショッピング保険」、ネットショッピングで被害にあった時に補償してくれる「ネット補償保険」などがあります。

最高5000万円の補償を得られる海外旅行傷害保険

なかでも「海外旅行傷害保険」は、出張や旅行の機会の多いビジネスマンにはおすすめです。ゴールドカードの目玉サービスとして始まったものですが、会員の間では、年会費1万500円を払っておけば最大5000万円の補償を受けられると人気になっています。多くの人は海外旅行に行く前に空港で約5000円を払って掛け捨て保険に入りますが、「海外旅行傷害保険」付きのカードをもっているなら、その必要はありません。年間2回以上海外に行くという人なら、十分に元が取れるでしょう。

複数の補償がセットされているのが魅力!

この「海外旅行傷害保険」には、事故で死亡したり、瀕死の重傷を負った場合に補償してくれる「傷害死亡・後遺障害」の他にも、怪我や病気、スリなど旅行中に起こりうる様々なアクシデントに対応する「傷害治療費用」「疾病治療費用」「賠償責任」「携行品損害」「救援者費用」がセットされています。1万500円の年会費で、これだけの補償を得られるわけですから、利用しない手はありません。

年会費無料カードにも海外旅行傷害保険が自動付帯!

さらに、最近は、1312円の一般カードや年会費無料カードにも海外旅行傷害保険がつくようになってきました。利用者からすると、年会費を払わずに最大1000万~2000万円という大きな安心を獲得できるわけですから、魅力的です。

しかし、カード会社としては、年会費をもらわずに保険料を負担するのですから、大変と思われます。これはどういうことかというと、カード会社が損害保険会社と大口契約を結んで加入するため可能になるのです。会員を増やしたいために、カード会社は、経費を無視して、海外旅行傷害保険を付けようとしているわけですが、しかし、いくら大口の契約であっても限界はあります。ほとんどの場合は赤字になっているようです。