一生付き合える銀行
銀行選びもスタイリッシュに!
たまたま近所にあったから、会社が給与振込み口座に指定した銀行だったから…等々、意外と単純に銀行を選んでいらっしゃる方が多いことと思います。しかし、銀行のリテール向けサービスの差別化が進む今日、メインバンク選びはもっと慎重かつスタイリッシュに。

まずは、基本的な銀行選びのポイント


■ 大手銀行: メインバンクとして利用
■ ネット専業銀行: サブバンクとして利用
■ 更に、メインバンクのネットバンキングも使いこなす

といった銀行の使い分けがオススメ。

メインバンクとは、日常的なキャッシュの出し入れに使う銀行のことです。この口座の使い方のポイントは、「無駄な手数料を支払うことによって元金を減らさないこと」。メインバンクとしてオススメなのは、やはり大手銀行。ネット専業銀行は、メインバンクたる大手銀行のサブ的な位置づけとして利用しましょう。ネット専業銀行の使い方のポイントは、「賢く運用して元金を増やしていくこと」。

ネットバンク(=ネット専業銀行)と混同しがちですが、ネットバンキングとは、都市銀行等の総合口座に付随するネット経由で各種取引ができる銀行サービスのことです。ネット専業銀行は、店舗がありませんので、すべての取引がネットバンキングということになります。

ネットバンキングを利用すると、窓口取引やATM取引に比べて、手数料(ATM手数料、振込手数料、為替手数料等)が割安になったり、定期預金等の金利が優遇されたりと、お得なこともいろいろ。また、ネットバンキングを使いこなすことによって、時間の節約にもなり、口座データの管理も楽になります。特に、外貨預金や投資信託等の金融商品に興味はあるけれど、昼間は忙しくてなかなか銀行に行けないといった方には、ネットバンキングは頼もしいツールです。