Jadclipseは、クラスを開くとデコンパイルしてソースコードを表示する。

第5位 Jadclipse


最初に登場するのは、「Jadclipse」です。これは「Jad」によるデコンパイル機能をEclipseに組み込むためのプラグインです。これは以下のURLにで配布されています。

http://sourceforge.net/projects/jadclipse/

また、このプラグインの利用には「Jad」が必要になります。これは現在、以下のURLにて配布されていますので、ダウンロードし適当なところに配置して使ってください。

http://www.kpdus.com/jad.html

Jadは、Javaのデコンパイラです。つまりJavaのクラスファイルをデコンパイルしソースコードを生成するツールです。Jadclipseは、このJadの機能を利用し、ナビゲーターやプロジェクト・エクスプローラーからクラスを開くと、自動的にデコンパイルを行いそのソースコードを表示するようにしてくれるのです。

Jadclipseは、インストール後、<ウインドウ><設定>メニューを選び、「Java→Jadclipse」項目にある「Path to Decompiler」にJad.exeのパスを設定してやる必要があります。これさえきちんとできていれば、その他の設定はとりあえず不要です。

JDKにはJavaの標準クラスライブラリのソースコードが付属していますが、それ以外のものではソースコードが公開されていない場合もあります。Jadclipseがあれば、すべてのクラスを開いてソースコードを見ることができます。Jad単体ではコマンドラインから実行しなければいけないため使うのも面倒でしたが、JadclipseならEclipseの中で利用できるので非常に重宝しますね。

もちろん、デコンパイルはリバースエンジニアリングの一種ですから、ソフトウェアなどによっては利用許諾契約などで行為を禁止しているものなどもあります。利用には細心の注意を払ってください。