「ブランドショッピング」というと、伝統のある老舗高級ブランドでの気合の入ったお買い物……というイメージがありますが、今回ご案内するのは、それとはちょっと違う、誰でも気軽にお買い物ができるブランドばかり。ただし、日本にはまだ未上陸だったり、手に入りにくいブランドをピックアップしてみました。日本ではできない、一味違うブランドショッピングを皆さんも楽しんでみませんか?

シンガポールは日本未上陸ブランドの宝庫

Forever21VIVO CITY店内
カジュアルファッション派が大多数を占めるシンガポール。日本未上陸のカジュアルブランドが数多く進出している理由はここにあるのかもしれませんね。
最近日本で注目を集めているのが、アメリカ発のカジュアルブランドたち。アバクロ(ABERCROMBIE AND FITCH)やホリスター(Hollister)などは、すっかり日本でもお馴染みになりましたが、まだまだ知られていないブランドも数多くあります。その中には、日本には上陸していないけれど、シンガポールにはブティックがあるというブランドも意外と沢山あるんですよ~。超高級ブランドなら、ほとんどのブランドが進出しているといっても過言ではない現在の日本。しかし何故か、お手ごろ&カジュアルブランドはまだまだ出揃っていないのが現状です。せっかくシンガポールでお買い物をするなら、日本では手に入らないOR手に入り辛いブランドのアイテムをチェックしたいですよね!

Forever21で永遠の21歳を目指す!?

Forever21VIVO CITY店前
店内が広く商品数も多いハーバーフロントのVIVO CITY店がおすすめです。
そんな今注目のアメリカ発のブランドから、ぜひシンガポールでチェックしてほしいのが『Forever21』。アメリカのショッピングモール街に行けば必ずといっていいほど目にするレディス・ブランドです。アメリカを中心に、現在300店舗以上のお店があり、日本には直営店はありませんが、シンガポールをはじめカナダやマレーシアなど世界6ヶ国に進出しています。

『Forever21』の魅力は、最新のトレンドファッションが、リーズナブルに手に入る事。また、バッグやアクセサリー、インナーウエアと商品構成が幅広く、トータルコーディネートが楽しめるといった点。シンガポールでも、流行に敏感で、お洒落にうるさい女性達に支持されているブランドです。オーチャードのウィスマ・アトリア内、ハーバーフロントのVIVO CITY内にお店がありますので、「ありきたりのブランドじゃつまらない!」というアナタは是非足を運んでみてくださいね。

⇒次のページで、パリ発!注目のブランドをご紹介します。