2007年6月27日にニュージーランドで開かれた世界遺産委員会で日本の石見銀山やオーストラリアのオペラハウスなどと並んで韓国・済州島(チェジュド)の火山島と溶岩窟が新たにユネスコの世界自然遺産に登録されることが決定しました。山と海の豊かな自然に恵まれ、リゾートとしても日本からの観光客の人気も上昇中の済州島の魅力として今回は世界遺産のポイントをお届けします!

<記事index>
  • 済州島のNo1景観スポット火山島・城山日出峰……P.1

  • 四季折々の美しさを魅せる漢拏山……P.2

  • 神秘と幻想の溶岩窟・拒文岳溶岩洞窟群の万丈窟……P.3


  • 済州島のNo1景観スポット火山島・城山日出峰

    城山日出峰からの眺めは海と空を独り占めできる! ©韓国観光公社
    今回、世界自然遺産に登録が決まった「済州火山島と溶岩窟」。これは済州島の城山日出峰、漢拏山(ハンラサン)国立公園を「火山島」、拒文岳溶岩洞窟群を「溶岩窟」として指します。まずご紹介する城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)は済州島の中でも「1番美しい景色を楽しめる場所」として知られています。

    島の南東部に位置する城山日出峰は海抜182mで、その昔、海底火山の噴火により隆起してできたもの。山頂には噴火口があり、その周囲には大小99の岩が取り囲むように連なり、その姿はまるで王冠のようにも見えます。また、噴火口の西側には緑の草原が裾野にかけて広がり、ハイキングや乗馬を楽しむこともできますよ。

    そして、城山日出峰が「美しい」と言われる何よりの理由が海上から昇る太陽を望めること! 赤く燃えるように昇る太陽を雄大な自然の中で目にするのはきっと旅の醍醐味と感動をひときわ大きいもの!

    <DATA>
    ■城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)
  • 所在地:済州道(チェジュド)西帰浦(ソギポ)市城山邑(ソンサンウッ)城山里(ソンサンリ)104

  • 観光案内電話:+82-64-1330(日本語可)

  • 入場料:一般2,000ウォン(260円)、子供1,000ウォン(130円)、6歳以下及び65歳以上は無料

  • 休業日:基本的に年中無休だが天候の状況によって入場ができない場合もある。

  • アクセス:済州西帰浦市外バスターミナルより済州市行き(東周り線)に乗り、城山日出峰で下車。所要時間80分。


  • 次のページは韓国の最高峰で登山スポットとしても人気の漢拏山(ハンラサン)をご紹介します。