ローマから日帰りで行ける小さな田舎町

photo by SAWA
中世の要塞都市モンタルチーノ村。ブドウ畑が覆う丘の上にあります。村では、レアなブルネッロ・ディ・モンチーノはもちろん、周辺の名ワイナリーのワインも買えます。
イタリアの中部に位置するトスカーナ州は、いわずと知れたワインの産地。キャンティ・クラッシコ、ブルネッロ、サッシカイア。名だたるDOCGワインやスーペル・トスカンと呼ばれる美味なるワインが生まれる場所です。

ローマとフィレンツェの中間にあるモンタルチーノ村は、ローマからなら車で約2時間半。十分日帰り可能な距離感ですが、バスや電車を乗りついで行くのはなかなか大変。調べるのも面倒だし、言葉も心配。レンタカーを借りるのもちょっとした勇気が必要です。

誰かが連れってくれたら、いいのにな~・・・。

ハイ。ありました!
今回ご紹介するのは、全部おまかせで田舎めぐり!しかも、「モンタルチーノワインと世界遺産の村ピエンツァ」日帰りツアーという、なんともゴージャスな組み合わせ。密度の濃い一日を過ごせるはず!

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの村へ!

photo by SAWA
カンティーナ内部には、貴重な古いブルネッロも。雰囲気を味わうだけでもワイン好きにはたまらないでしょう。
ホテルまで来てくれる専用車に乗り、後はそのまま車窓の旅へ。市内を走りぬけ、高速道路A1に乗って北上し、一路トスカーナ州へ向かいます。

トスカーナ州のキアンチアーノ・テルメで高速を降りたら、丘を越え、丘を下り・・モンタルチーノ村へ向かいます。約1時間の丘の道。両脇に見えるのは、延々と続く田園風景。羊が草を食む、のどかな風景に心も和みます。

到着した先は、モンタルチーノ・ディ・ブルネッロの名門ファットリア・ディ・バンフィFattoria dei Barbi。4羽の鳩のラベルが目印のこちらのボトルは、日本でも見たことがあるでしょう。

photo by SAWA
簡単なティスティング体験ができます。同ファットリアで作る新鮮なオリーブオイルも購入可能。トスカーナらしい苦味のあるフルーティなオリーブオイルはお土産にオススメ!
数百年前に建てられたカンティーナ(ワイン蔵)に入ると、ワインの香り。案内付でカンティーナ内を見学します。カンティーナの歴史やワインの話を聞いた後は、ティスティング。今回は、ロッソ・ディ・モンタルチーノ、モレッリーノ・ディ・スカンサーノ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2001年を味見させていただきました。もちろん、蔵出し直送と言った感じに、
このカンティーナでも気に入った年代のブルネッロ(、他)を購入することが可能です。

世界遺産の村ピエンツァでお散歩!…次ページへ