横浜税関(クイーン)

昭和9年に竣工した、横浜税関。愛称はクイーン

昭和9年に竣工した、横浜税関。愛称はクイーン

一番背が高い横浜税関。「クイーン」という名称がぴったりな優美な姿をしていて、ロマネスク様式を取り入れた緑青色のドームが印象的な建築物です。安政6年、開港とともに横浜税関の前進である「神奈川運上所(後に横浜運上所と改称)」として開設され、明治5年に「税関」と改称されました。

1階は資料展示室「クイーンのひろば」。入口を守るのは、税関のイメージキャラ・カスタム君

1階は資料展示室「クイーンのひろば」。入口を守るのは、税関のイメージキャラ・カスタム君

大正12年の関東大震災で2代目庁舎が倒壊し、平屋のバラックで仕事が行われていたそうですが、昭和7年、3代目となる現庁舎の建築が計画されました。

当時の高層建築といえば、キング(神奈川県庁49m)とジャック(横浜開港記念会館36m)でした。設計段階では塔の高さが47mだったのですが、第22代税関長だった金子隆三の「日本の表玄関たる横浜港の税関庁舎とするなら、横浜で最も高くすべき」との一言で、高さ51mの横浜税関が誕生しました。

 

資料展示室「クイーンのひろば」では、横浜税関や横浜港の歴史、貿易について、密輸の手口などがわかります

資料展示室「クイーンのひろば」では、横浜税関や横浜港の歴史、貿易について、密輸の手口などがわかります

横浜税関では、横浜税関資料展示室(愛称:クイーンのひろば)が一般公開されています。こちらでは、横浜税関の歴史や税関の仕事、持ち込み禁止のブランド品のコピー商品、覚せい剤密輸の手口、税関に関するビデオなどを見ることができます。

 

年に数回、レトロな雰囲気が残る、横浜税関の内部が公開されます

年に数回、レトロな雰囲気が残る、横浜税関の内部が公開されます

また、年に数回、通常は非公開の7階ロビーや、創建当時のままに復元された旧税関長室などが見学できる、横浜税関庁舎見学会が開催されます。

旧税関長室は、マッカーサー元帥が執務したと言われている部屋で、レトロなインテリアとなっています。横浜税関のホームページで募集要項が告知されますので、チェックしてください。

 

■横浜税関資料展示室(クイーンのひろば)
所在地:横浜市中区海岸通1-1 横浜税関本関1F
開館時間10:00~16:00(7月、8月は10:00~17:00)
入場料:無料
休館日:年末年始及び毎月第4水曜日
交通・アクセス:みなとみらい線日本大通り駅から徒歩3分、JR京浜東北線関内駅から徒歩15分、JR京浜東北線桜木町駅から徒歩20分
地図:Yahoo!地図情報
問い合わせ先:税関広報広聴室TEL045-212-6053、FAX 045-212-5535
URL:横浜税関
※「クイーンのひろば」見学についてはこちら

<横浜税関建築DATA>
横浜市認定歴史的建造物
竣工:昭和9年3月(2003年10月増改築)
設計者:吉武東里
高さ:51m
参考資料:横浜税関ホームページ、横浜税関パンフレット

次ページでは、横浜三塔物語スポット(2)~(4)と裏ワザを紹介