■「インジェラ」で食べよう!

 エチオピア料理の主食は、テフという穀物をベースにした「インジェラ」。見かけはスポンジ状のグレーのパンケーキ、で酸味があります。クセのある味ですが、これが「ワット」と呼ばれるスパイシーなシチューによく合うんです。

オーナーのソロモンさんによれば、毎日毎日、味が違うとのこと。とても手間がかかっています。母国から持ってきた「タネ」を丁寧に発酵させて作るそうで、どこか「ぬかみそ」に通じるところを感じませんか?
夏のFUJI ROCK FESTIVALにも出店している「クイーンシーバ」ですが、そんなわけでこのインジェラは会場でも焼くことができないんです。


 


そしてこちらがトラディショナル・セット3.500円。
好きなシチューを3種類選べます。籠の上にしいてあるインジェラもちぎって食べましょう。このように何種類かの“おかず”を盛りつけインジェラと一緒に食べるのが、エチオピア流です。
私がセレクトしたのは、「ヤベルワット(ラムのレッドペッパーシチュー)」「アタルキック(レンズ豆のレッドペッパーシチュー)」「ドロアリーチャ(チキンマイルドシチュー)」の3つ。写真は2人前ですが、見かけより食べごたえがありますよ。
■辛さの秘密はベリベレに
 スパイシーの秘訣は「ベリベレ」。唐辛子に17種類ものスパイスを効かせ、発酵させてつくります。それも1ヵ月ほどかかるのだとか。だからストレートな辛さというよりは幾重にも層になった、深い辛みがあるんです。

右は「ヤギのカバブ」。野生のヤギ肉をヨーグルトとスパイスでマリネして串焼きしたものです。右上のカップに入ってる「ベリベレ」をつけて召し上がれ。
 お酒はエチオピア・ワイン、ユニークな名前のついたカクテルなど種類も豊富。個人的には、南アフリカ産の黒ビール(写真)がおいしかった!
そうそう食後には、ちょっぴりスパイスのきいたエチオピア・コーヒーも ぜひお試しください。


<関連リンク>
タイ料理・ベトナム料理などもご紹介→
エスニック料理タイ料理

クイーンシーバ
目黒区東山1-3-1 ネオアージュ中目黒B1
TEL03-3794-1801
17:00~23:00 年中無休
東急東横線「中目黒」7分/田園都市線「池尻大橋」10分

平均予算:4000~5000円



公式サイト→http://www.queensheba.info/

Jazz Live、Rhythm & Blues Live Dayあり

<<戻る

1 / 2
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。