京都市民そして観光客の足と言える「市バス」。これがなかなか一筋縄では乗りこなせない。路線が多く複雑であるということももちろん大きな理由なのだが、これは市バス営業所・案内所などにあるバスルートマップを見ればほぼ解決できる。問題は、知らないと損をする、逆に言えば知っていればとってもおトクな利用方法が山ほど存在していることなのだ!

京都の市バス均一区間料金は、現在大人220円。しかし2000年4月から、なんと100円で繁華街を走る「100円循環バス」の走行がスタートした。ところがこの2種類のバスは全然違うルートを走っているのではなく、場所によってはほとんど同一ルートを走っているのである! つまり同じルートを走っているのに、220円のバスだったり100円のバスだったりするというワケ。100円循環バスが停車する停留所には、左写真の案内板が立っている。だんぜん安い100円循環バスを利用してみよう!

また同じ料金220円のバスであっても、大きく別けて3種類のデザインがある。1つ目はボディも黄緑に緑のラインが入っただけのバス。これが京都市バスの基本デザインなので、走行している本数も最も多い。2つ目は右写真のようにボディ全面に絵が描かれている「京ちゃんバス」。この写真のほかにも、絵の種類はいくつかある。

3つ目は左写真の「チンチンバス」。これは昔の市電をもとにデザインされたバス。えんじ色のボディや、バス後部のデッキ、真鍮の手すり、ウッド調の内装など、レトロ&モダンでとっても素適。同じ220円の料金を支払って乗るのだ。ぜひ京ちゃんバスとチンチンバスを探して乗ってみよう!

さてここからは、できるだけ安い料金で市バスを乗りこなすための裏ワザ紹介だ!1日3回以上市バスに乗るのなら「市バス1日乗車券」の利用がオススメ。これは1枚500円で、均一区間内なら1日バス乗り放題!というスグレモノ。つまり1日に3回以上バスに乗れば元がとれてしまうのだ!そして1日に2回までしか乗らないのと言うなら、金券ショップでバス回数券を購入しよう。店によってばらつきはあるが、1枚190円くらいで購入可能。かなりセコい方法であるがおトクには違いない!

これであなたも京都市バスのベテランさん(?)。京都市交通局のサイトでさらに詳しい情報をGETして、颯爽と市バスに乗り込もう!

<注意>料金などここで紹介している情報は全て2001年4月11日時点のものです。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。