横浜で食べたいもののひとつと言えば、やっぱり中華料理!でもじっと座っていられない子供連れでは、せっかくのおいしい料理も落ち着いて食べられないのでは・・・そんな不安があるパパママに、子供と楽しみながら食事&中華体験ができるスポットをご紹介します。

INDEX
■中華街のチャイナテーマパーク/肉まんづくり体験ができる店
昭和33年にタイムスリップ!ラーメン博物館


横浜中華街のエンターテイメントスポット「横浜大世界」

横浜大世界(フードコート)
写真上:カニスープ入りストロー付き湯包(690円)/写真下:フカヒレ土鍋ご飯(700円)
おなじみ横浜中華街といえば、食事を楽しむだけでなく、中国の食材やお土産品のショッピングを楽しめたり、足つぼマッサージや中国の伝統工芸品のお店などが軒を連ねています。本来はそんな街中をのんびり探索するのが醍醐味ですが、長時間の移動が困難な子連れでは、なかなかそうもいかないのが現実!

そんなときにオススメなのが、昨年11月のリニューアルで更に気軽に中国体験ができるようになったチャイナテーマパーク「横浜大世界」です。ここでは食事やショッピングの他にも本場中国の伝統芸能が楽しめる劇場があったり、中国をテーマにした企画展を開催していたりと、子連れでも中国の多くを体感できる、うれしいスポットなのです。

食事は3~5Fがフードテーマパーク「中華食祭広場」(入館無料)となっており、5Fの落ち着いたレストラン「桃皇楼」ではコース料理もラインナップ。好きなものを好きなお店で一品ずつチョイスする楽しみがあるのは、フードコートスタイルの3、4F。日本初出店のお店も含む9店舗では、本格中華からスイーツまで手頃な価格で気軽に味わえます。

大世界劇場
公演終了後に写真撮影。カメラを持参していれば撮影は無料。
6、7F「大世界劇場」では、本場中国の有名アーティストによる迫力満点のパフォーマンスを楽しみましょう(有料)!ステージは1日約8回(1回のステージ約30~70分)あり、公演プログラムによって料金が異なります。

7、8Fはフロア全体を使った企画展示となっています。展示物は、中国をテーマにした国内外で注目されるアーティストたちの作品や中国の文化、歴史、芸術などが中心です。

1、2Fは売場面積、アイテム数ともに横浜中華街最大を誇る「ダスカマーケット」で、中国より直接買いつけた旬のアイテムがズラッとラインナップ。食料品、中華雑貨、横浜大世界限定のオリジナルグッズ、中華街で人気のパンダグッズも多種類そろっています。艶やかなチャイナドレスも魅力的。

花文字
5文字の花文字が10分もしないうちに完成する。
また、常時3名の熟練職人が常駐する伝統工芸の実演販売ブースでは、今回子供たちの名前を花文字にしていただきました。「花文字」とは、色鮮やかな書道の文字に、龍鳳、花鳥、動物、山水等が付け加えられた、美しく、また縁起の良い文字なのだそう。目の前であっという間に描かれていく様子に、通りがかりの人たちも足をとめて見入っていました。お値段は紙の大きさや文字数によって異なります。中国関連のグッズには興味のないかたも、子供と中華街に来た記念にこんなお土産なら楽しめるのでは?

【DATA】
横浜大世界

  • 住所:神奈川県横浜市中山区山下町97(天長門正面)
  • 地図:Yahoo!地図
  • TEL:045-681-5588

    肉まん・餃子づくりで、他ではできない中華街体験を!

    肉まん作り
    子供たちも教えてもらいながら一生懸命形を整えます。
    ガイドブックを片手に美味しいお店、新しいお店を探し求めるのも楽しいけれど、子供と楽しみたい!というなら、プロが作る料理の他に、自分たちでつくる肉まんと餃子が食べられるお店はいかがでしょうか。

    体験できるのは、横浜中華街の中でも老舗の「揚州飯店」。中華街を知り尽くした老舗店だからこそ「どうしたらもっと中華街を楽しんでもらえるだろう」と考え、誕生したのがこの「肉まん・餃子作り体験」なのだそう。元々は修学旅行生向けに考えられたプランだったそうですが、メディアでもとりあげられ、クチコミでその楽しさが広がり、今ではファミリーやグループなど、個人からの問合せや予約も多いのだとか。

    「つくる」といっても具を生地に包むという作業だけなので、小さな子供でも大人がサポートすれば体験が可能です。つくるのは1人当たり肉まん1個と餃子2個。簡単そうですがそれぞれの個性が出た形になるのが面白く、また生地の感触もやわらかくて気持ちいいので、子供たちもうれしそう。プロの料理人が指導してくれるので、子供も目つきは真剣です。

    肉まん、出来上がり!
    自分でつくったホカホカの肉まんに満足気な表情!
    そしてこのプランのもうひとつの人気の秘密は、肉まんが蒸しあがるまでの時間に行われる「北京語教室」なんです。中国人講師がわかりやすくレッスンしてくれるのは、簡単な挨拶から、レストラン内でよく使うフレーズなど。レッスン後には北京語クイズで盛り上がりますよ!育児サークルなど、ママと子供たち皆で体験するのも楽しそう。

    体験のみのコース(2,310円)には、つくった肉まんと餃子の他にミニ炒飯がつきます。本格中華も堪能したい方にオススメなのは、体験と昼食のセット(3,465円)、または体験と夕食のセット(4,620円)で、自分たちがつくった肉まんと餃子以外に、昼食には6品、夕食には7品の料理も食べられて満腹間違いなし!(※体験は3日前までに要予約)

    「揚州飯店」でつくれるのは、ホカホカの肉まんと餃子だけでなく、親子の楽しい思い出づくりにも一役かってくれそうです。

    【DATA】
    揚州飯店

  • 住所:神奈川県横浜市中区山下町224(揚州グループ本部事務所)
  • TEL:045-651-1488
    ※当日の実施店舗については、予約時に要問合せ。

    昭和33年にタイムスリップ!ラーメン博物館