子連れ海外旅行といえば、気軽かつ日本語も通じるハワイがいちばん人気。今回ガイドは“アラモアナ周辺”に注目。小さな子供がいてもハワイ気分を満喫できるかチェックしてきました。

◆ビーチ
ワイキキの西に位置する『アラモアナビーチ』。ワイキキからも程近くロケーション的にも恵まれているのになぜか日本人が少ない。広大なアラモアナ・ビーチ・パークの前に広がるビーチと、海に突き出したマジックアイランドの先にある防波堤で囲まれたビーチがあります。共にきれいで波も静かなのでおすすめですが、パーク前のビーチは砂がちょっと粗いので小さな子どもが遊ぶならサンダル持参が良いかもしれません。マジックアイランドの方はビーチまで少し歩きますがさらさらの砂です。シャワーやトイレもところどころにあるので便利。

ビーチ手前のパークには芝生がひかれていて、木々で程よく影ができている場所が多いので、日差しが強い日も子供を遊ばせたり休ませるのに最適です。海に入る予定がないファミリーも隣接するアラモアナ・センターでサンドイッチなどを買ってここで海を見ながらランチするのもおすすめ!

◆ショッピング
おなじみアラモアナ・センターにはブランド店も数々ありますが、子供ものを扱ったお店もたくさんあります。

『ギャップキッズ』『ジンボリー』『オールドネイビー』などの子供服を扱うお店の他にも、昨年オープンしたスニーカー中心のシューズブランド『スケッチャーズUSA』にはベビー&キッズサイズもそろっています。USA2店舗目として昨年オープンした香港の『シャンハイ・タン』には明るい色彩のチャイナドレスなどが並び、子供服も扱っているのでチェックしておきたいところ。

『サンリオショップ』にはハワイ限定品もあり、動物のぬいぐるみ等がそろった『ジャングルファン』(奥はゲームセンター)も子供たちに人気です。

子どもがいてもママだってひとりでゆっくりショッピングしたい!という人はパパと子どもには2階通路にある人工池(というのか?)のサイドがベンチになっているので泳ぐ魚を見ながら時間をつぶしてもらってもいいのでは。

飽きてしまったら1階にある『シンカートイズ』でおもちゃ探しを。赤ちゃん用のおもちゃから英語の勉強にもなる学習用のものまでそろっているので、幅広い年齢の子どもが楽しめます。

オムツがえには『ニーマンマーカス』内の「BABY CHANGING ROOM」がおすすめ。女性用お手洗いの中にソファーなどもあるので授乳場所に困った時にも便利です。また、ショッピングセンター内には「Family Restroom」の表示があるお手洗いがあり、こちらは個室のようになっています。家族(男女)でベビーカーのまま入ることもできるので小さな赤ちゃんがいる時にはおすすめです。