異国情緒が漂う宮ノ下周辺

大正時代に鉄道が開通したことにより、別荘地として発展した宮ノ下エリア。明治11年にリゾートホテルの先駆けとして、「富士屋ホテル」が開業すると、国内外から数多くの著名人が足繁く訪れました。チャールズ・チャップリン、ヘレン・ケラー、ジョン・レノンといった名だたる顔ぶれです。創業から130年経た今もなお、和洋折衷のホテルの建物は宮ノ下のシンボルとして威風堂々とそびえています。

富士屋ホテル(宮ノ下)
千鳥破風の屋根と校倉造りを模した壁をもつ花御殿

千鳥破風の屋根と校倉造りを模した壁をもつ花御殿

明治11年に開業した、日本における西洋式リゾートホテルの先駆け。明治24年築の本館をはじめ、西洋館、花御殿、別館菊華荘は登録有形文化財に指定。それぞれに異なる建築美が堪能できます。各客室の浴室にも温泉が引かれ、客室にいながらに湯浴みが楽しめます。


外国人観光客が集った往時を物語るように、富士屋ホテル手前の国道1号沿いには、アンティークショップが軒を連ねています。この辺りは「セピア通り」と呼ばれ、骨董品探しが楽しいところ。敷居が高いと思わずに、気軽にのぞいてみると掘り出し物が見つかるかもしれません。

アンティークショップ同様、宮ノ下周辺には、富士屋ホテルとともにこの地に根づいた商店がいくつか見受けられます。そのひとつが「嶋写真店」。明治11年の創業より、ヘレン・ケラー、ジョン・レノン一家といった、国内外の著名人を撮り続けてきた写真館です。ショーウィンドウには、それらの写真がさりげなく飾られています。富士屋ホテルと嶋写真店の間の小道は、かつてチャールズ・チャップリンが富士屋ホテル滞在中に散歩を楽しんだことから、「チャップリンの散歩道」と呼ばれています。

宮ノ下周辺は、商店の看板に英語が使用されていたりと、温泉地・箱根のイメージとはひと味違った、異国情緒が感じられる街並みなのです。