スキー場・ゲレンデでも、雪崩への備えを忘れずに

ゲレンデ、スキー場、降雪地域では、雪崩は現実的な脅威

ゲレンデ、スキー場、降雪地域では、雪崩は現実的な脅威です

冬、スキーやスノボ(スノーボード)好きには楽しみなシーズンがやってきました。しかし、楽しいゲレンデでも、大きな災害が起きる可能性があることを忘れてはいけません。自然災害の中で、雪崩という自然災害は、あまり身近でない人の方が多いでしょう。しかしスキーをする人や雪の降る山間部に住む人にとっては、現実的な脅威です。

とくに大雪が降ったシーズンは、もしもそんなエリアで地震が発生したなら、地震が軽度なものであったとしても、降雪地域では大規模な雪崩が発生して、甚大な被害が起きる可能性があります。

豪雪地帯で地震が起きると、どうなる?

2004年には新潟・中越の山岳地で大規模な震災が発生しました。この時にはどんな事が起きたのでしょうか。

地域は豪雪地帯。雪のシーズンでなかったのは幸いでしたが、山崩れや道路の寸断が相次ぎました。また断続的に余震が発生したこともあって、地域の生活が完全に破壊されました。「山岳部では地震は起きにくい」そんな風説があったのも事実ですが、この震災で完全に否定されました。

しかしたとえあなたが住民でなくても、キャンプなどで山岳地に宿泊するときがあるでしょう。その時は、必ず周囲の環境を確認し、落石や山崩れの可能性の低い場所に宿泊したいものです。

スキー場・ゲレンデで地震を感じたら

もしもスキー場、ゲレンデで地震を感じたら。とにかく生存確率を上げるには逃げるしかありません

もしもスキー場、ゲレンデで地震を感じたら。とにかく生存確率を上げるには、逃げるしかありません

さて、この冬、スキー場、ゲレンデでもし揺れを感じた場合、どうすればいいのでしょうか?

安全度が高いと言われているゲレンデ内でも、地震が起きると、大規模な雪崩が発生する可能性があります。雪崩が目の前で発生した場合はかなり危機的な状況です。より生存の可能性を上げるためには、斜面に対して水平方向に避けるほうが確率が高いでしょう。周囲に頑丈そうな建物や、木が生えているエリアがあればその影に隠れることによって、圧死から逃れられる可能性が出てきます。

また目の前で雪崩が起きていなくても、時間差で大きな雪崩が発生することも十分に考えられます。すぐにスキーセンターなどに下りて避難することが大切です。

気の早いスキーヤーは、11月末から雪の降る標高3000mクラスの山にトライアルするようです(立山など)。実際アルプスなど冬山の景色に魅せられた人は、危険があるのを百も承知で、入念な準備と十分な装備、雪山における正しい知識を持って、毎年訪れています。

残念なことに近年は、若年層のスノーボーダーが増えたためでしょうか、危険エリアでの雪崩被害が相次いでいるのも事実です。マナーと規則を守り、専門書などで雪山の正しい知識を身につけて、安全で楽しいスキーやスノーボードを楽しんでください。

【関連サイト】
雪崩から身を守るには?
雪山の遭難、雪崩事故に遭わないためには?
活火山で噴火に見舞われたら?逃げる術はあるのか?




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。