防災の日が近づき、この時期だけはメディアが煽るために非常食や避難袋が飛ぶように売れます。そんな中で、昔ながらの味気無い乾パンとかを避難袋に入れている人も多いようですが、最近の保存食は技術が格段に進歩したために、とってもおいしくなっているって知ってましたか? 「非常食なんだからどうでもいい」なんて言わないで、どうせならおいしいモノの方が非常時にも元気が出るのは間違いありません。

今回はこれまでの数多くの自分の試食経験から、避難食、非常食の中で、意外にイケテル、予想外においしかった非常食ベスト5を紹介したいと思います。避難袋に入れる非常食は基本的に賞味期限は3年以上を基準にします。ただしうっかりそのままにしないために、一年ごとに内容を入れ換えることを習慣にしましょう。毎年一度家族で非常食だけの避難シミュレーションパーティでも開けば、防災意識も高まるってもんです。


第5位 ポテトサラダ

ポテト
水を入れてかき混ぜるだけ! あっという間にポテトサラダが完成。200円
まず第5位。ポテトサラダの缶詰。普通ならこんなに日もちのしないものが缶詰になること自体が新鮮な驚き。粉状態の内容物に水を加えてかきまぜること数十秒、あーら不思議。ポテトサラダそのものが現れる!味も粉っぽいザラつき感などなく、生に限りなく近いテイストに新鮮な驚きが。僕はさらにメンタイコふりかけをかけておいしくいただきました。こういうものはキャンプとかに持っていっても重宝しますね。

第4位 水戻し餅

もち
非常時には甘いものが欲しくなるもの。おにぎりだけでは元気がでません。400円
第4位。水戻し餅。これは本当に優れモノです。カチカチに固まった固形の餅にちょっと水を垂らすだけでふわっと柔らかい、甘くておいしい、しかも腹もちのすごくいいお菓子ができるのですから。非常時にはこういう甘い物がすごく有り難い物になると思います。疲れたカラダには乾燥したものよりも、水分のある柔らかいものが食欲をそそります。他にもきな粉や磯辺もちのバージョンもあります。




次のページはサバイバル非常食ベスト3!>>